「かぐや姫の物語」ほんといい映画ですよ。それだけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

 Screenshot

「かぐや姫の物語」を観ました。

正直、感動した!近年まれに見る名作です。

意外と、この作品酷評する人も多々いて、それも、「風立ちぬ」絶賛した
有名どころの批評家だったりするので、観る前は1800円を無駄にしないか
不安でした。 

他にも観たい映画があったのですが、「風立ちぬ」を観たので、
義理でこちらも観なくては思い、半分付き合い気分でほとんど期待という
ものは捨てて映画館に入りました。

 その杞憂も映画が始まったその瞬間から消え去り、
流れるような絵巻物の美しさに魅了され、
かぐや姫の豊かな表情に心を掴まれ、
親になった身としては、じじばばの想いに涙して、

2時間以上の一時を夢心地のごとく過ごすことが出来ました。
無駄なところの多い脚本だと、指摘する人も多く、確かに、
多くのシーンが盛り込まれますが、昔の名作はそれが多かった、
映画全体に浸る、そんな映画の楽しみを思い出しました。

どうしても「風立ちぬ」が好きになれないでいる僕ですが、
こちらは、手放しに夢中になれました。これはもう、
映画の良し悪しでなく、もう、身勝手な人の感覚なのでしょう。

ただ、そんな身勝手な好き嫌いで映画なんて楽しめばいいと
最近思います。

なんだか映画の感想というよりも、”感動“ばっかりで中身がない
ですね。でも、それでいいんです。とにかくよかった。 

でも、ヒットしてないという記事が見受けられる。
寂しいです。観た方がいい映画です。 

 

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください