「ニセの携帯基地局」で、容疑者を追い込む!米連邦保安局。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

  昨日 18:09 空飛ぶ「ニセの携帯基地局」、 米連邦保安局が容疑者捜しに利用(WSJ報道) WirelessWire News

 

米連邦保安局が携帯電話基地局を装う端末を積んだ飛行機
を秘密裏に運用し、一般市民を含めた多数の携帯電話加入
者の情報を収集していたことが明らかになった。

まさに情報戦争です。アメリカではテロや、麻薬関係の犯罪組織
など、尋常じゃないほど凶悪な犯罪が起こっています。日々、
平和の中で、熾烈な戦いが繰り広げられているのでしょう。

このことが単純にいいとか悪いとかは言えませんが、それほど
急速に拡大する犯罪に対して、なりふり構わない姿勢を感じます。

それにしても、やることがでかい。

 セスナ機に搭載した「dirtboxes」と呼ばれる携帯基地局を装う
端末を使って、接続してきた携帯電話端末の情報を集めて、
位置を判明したり、携帯の通信を妨害したり、写真やテキスト
メッセージを傍受することが出来るようです。

まさか日本ではと、思っているのですが。意外と、同じ事を
やっていたりして。そんなことは無いと思うのですけど。 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください