「珈琲の青山」全店閉店に想う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

photo:D7000tiba_japan_14125-16

 

  題名:「珈琲の青山」全店閉店と好調「喫茶室ルノアール」を分けたもの

※引用元はこちら「大西 宏のマーケティング・エッセンス

 

 

そのブランドをわざわざ選択する「理由(ワケ)」が必要になってきますが、それがつくりだすのがポジショニング戦略です。

関西地域では結構有名だった「珈琲の青山」が全店閉店したようだ。
どこでも目にしていた有名店だったから、とても驚いた。

でも、考えてみれば日本の老舗店言えども、これだけスタバや、
Tully’s、そして新興の個性豊かなコーヒーショップが増えてくると、
生存するのは厳しい。

古い喫茶店のイメージを引きずりながら続けるのは難しい。
それを、活かすためのサービスが必要になってくる。ここしかない
何かが必要になる。

現状の維持ではなく、それを守りつつも、自分にしかない部分を
考え、それを活かす行動を続けなくてはいけない。自分の居場所
と、他とは違う強さ。最後はここに行き着く。

実に簡単なことだけど、実に頭を悩ませる事だ。 

 

photo:D7000

tiba_japan_14125-15 

「知恵運びます」あなたの“知恵”をすべての人へ。

セミナー配信専用サービス“PAX・Seminar・Service”

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください