あくまでも趣味の話。竹内まりあが海外で人気急上昇中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



あくまでも趣味の話。竹内まりあがなぜか海外で人気急上昇中

何気なくニュースピックスのニュースタイトル眺めていると、海外で竹内まりあの「プラスティック・ラブ」が人気だとの記事に目がとまりました。

今更ながら、それも海外と不思議に思い、記事を開きました。

どうも、YouTubeで彼女の「プラスティック・ラブ」が配信されており、それを観た海外の人が夢中になっているようです。

スポンサードリンク



ただし、有料会員になっていない僕は、ほんのさわりしか読めません。なんたって、月1500円は我が身にはとてもとても。いい記事は多いのですが、ここは現実が重くのしかかって来まして、手が出せません。

さて、YouTubeで突然人気が出ることは多々あります。辺境の日本のアーティストが発掘されて、突然世界的な人気者になることなんて、最近は日常茶飯事。

僕の大好きなベビーメタルなんかその最たるもの。

そんな中、かなり昔に発表された竹内まりあの楽曲が、評価されるのは意外な驚きと嬉しさを与えてくれました。やっぱり、彼女のアーティストとしての資質は、特別なものがあります。

そして、彼女の楽曲全てに関わっている、山下達郎の音楽的確かさと品質の高さが陶酔するほど美しい。彼女が久々にライブを行ったSouvenirをしょっちゅう聴いています。このライブアルバムで歌われる曲のアレンジ、歌声と同化したコーラス。どれを取っても御見事!と歓喜の声をあげてしまいます。

本音を言えば、もしかしたら山下達郎自身の楽曲たちよりも、竹内まりあのためにアレンジし、手を加えた楽曲の方が彼の卓越した音楽センスを感じてしまいます。もちろん、彼には永遠と言えるほど語り継がれる名曲は無数にあるのですけど。

あまりにも高品質で洗練され、泥臭さやある種の暴力性を意識して排除しきった彼と彼女の音楽は、日本の土壌では芽吹かないかもしれないと、常々感じています。感情的に、無意識のレベルで消されているのでは無いだろうかと思うのです。

あれほどまでに、音楽の才に満ち満ちた彼と彼女の唯一で深刻な悲劇は、この日本で生を受けたことでは無いか。そんな妄想に取り憑かれています。

まあ、話が変な方向に転がり始めてたので、ちょとブレイク。

単純に、世界の人々に彼女の素晴らしさが理解されることは、本当に喜ばしいことです。コアなマニア層を超えて、全ての層の音楽好きの心に響けばいいのに。そう、思います。

この人気が一過性なものになるのか、一定層の根強い理解者を産むのかまだまだわかりませんが、このニュースを知り、竹内まりあと山下達郎がニューヨークあたりの大ホールであらゆる人種の大喝采を受けつつライブを行う夢想をしている僕です。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください