あのプレゼンが失敗していたら今のiPhoneはなかったかも。「Appleの元エンジニア、綱渡りだった初代iPhoneデビューを語る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

photo:1V1
CEATEC2013_15

 

  スティーブ・ジョブズ氏の命日によせて:Appleの元エンジニア、綱渡りだった初代iPhoneデビューを語る

NewImage 

Macworld Expo 2007での初代iPhone発表。故スティーブ・ジョブズ氏による伝説的なプレゼン成功の舞台裏を、当時の関係者が語った。 特に、グリノン氏が語る2007年のMacworld Conference & Expo2007における初代iPhoneデモの裏話は手に汗握る展開だ。

あの完璧主義者で、自他共に強烈な要求をするスティーブ・ジョブズの強烈さが、
ヒシヒシと伝わってきます。ただ、それも仕方ないでしょう。今後のAppleの命運
を掛けた、電話の再発明iPhoneを大々的にジョブス自身で発表しようとしているの
ですから。

発表をへますると、出鼻をくじかれて、当時その価値に懐疑的だった世論に、
押し流されて、今後の販売戦略に大きな打撃を受けたはずです。たかがプレゼン、
されどプレゼン、ジョブズほどその意味を知っている人はいなかったはずです。

それにしても、見事なプレゼンの裏側では、まさに肝を冷やす問題が山積みだ
ったとは驚きです。私たちは余裕綽々で、乗りに乗ったジョブズしか眼中に無
かったのですが、それを見ながらしらふではおられなかったグリノン氏の心中
はいかばかりだったでしょうか。

その甲斐あってか、iPhoneはまさに携帯電話を再発明し、いまだにスマホの
中心的存在になっています。もしかしたら、あのプレゼン如何によっては、
歴史は変わっていたかもしれません。 

 

photo:1V1
CEATEC2013_104

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください