こころときめく写真のために、やっぱりレンズは命でしょう!Nikon50mmが面白そう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。


tibasanpoDSC_1899

 

心ときめく写真をもっと!写したい。やっぱりレンズは命でしょう。

 

NikonのD7000で写真を撮っていますが、ご多分に漏れず、新しいレンズが
欲しくなってきています。

しかし、欲しいレンズはみんな高価でとても手に入れることができません。
がんばれば手が届きそうなのが、60mmのマクロ「【送料無料】ニコン NIKON
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED マクロ単焦点レンズ
」だけど、これでも

6万円ぐらいします。私のお財布事情じゃ買えやしない。

なにかとびきり写りが良くて、とびきり安い、虫のいいレンズはないだろうか
と探していたら。ありました!そんな虫のいいレンズが。

【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品》Nikon(ニコン) AF-S NIKKOR 50mm F1.8G[ Lens | …

2万円ぐらいなのに、プロも感動する写真をはき出します。

50mmは銀塩時代では標準レンズとして、買うと必ず付いてきました。
とてもレンズ設計がしやすく、製造もしやすいので、安いけどそこそこの
写りをします。

「写真は50mmに始まり、50mmに終わる」

との名言が写真好きの間では流布されていました。

小型軽量だし、F値が1.8のとっても明るいレンズなので、背後を思い切って
ぼかし、メインをくっきりと写し出すことができる。絞れば、Nikonらしい
切れのある画も手に入れることが出来る。

高いレンズを使えば間違いなく素晴らしい画を撮ることは出来ますが、
贅沢できない僕は、この安いけど侮れないレンズで、写真道を追い求めよう
かなと心が傾いています。 

 

 

tibasanpoDSC_1897

 




 




★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください