これからのMapの話をしよう。Appleが屋内位置情報サービス提供のWIFISLAM社を買収。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 2013年3月24日日曜日 9:43Apple、屋内位置情報サービスを提供するWiFiSLAM社を買収気になる、記になる…taisyo

 

NewImage 

 

米Appleが、屋内でもユーザーの位置情報を特定し、それをもとにサービス
を提供できる技術をもつベンチャー企業のWiFiSLAMを買収したようだと報
じています。

  GPSでは難しい屋内の位置情報を、近くのWi-Fiアクセスポイントとの距離から割り出して、
スマホに内蔵されている加速センサーや、 コンパスのデータを加えることで、数十センチ〜
数メートルの誤差で捕捉することができるようです。

GoogleMapに比べて、機能が劣ると指摘されているAppleのMap。しかし、あきらめずこれからも機能を
高めていく計画の現れなのでしょうか。

最近バージョンアップされて、前よりも情報量が多くなったAppleのMap。個人的にはデザイン的にも、
軽快な操作感にも、満足しているのでいつの日か、申し分ないほど使えるようになる時を待ち望んでいます。 

 




 

 




 

 

 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。