ようやくバタフライキーボードの故障問題が解決か!? 新MacBookProシリーズで対策完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



 「MacBook Pro (2018)」の第3世代バタフライキーボードの分解レポート - シリコン製の膜はゴミの侵入防止に一定の効果はある模様 https://taisy0.com/2018/07/20/99502.html

第3世代バタフライキーボードにパウダー状にした塗料添加物をかけてキー内部へのゴミの侵入テストを行ったところ、テスト用のパウダーは下記画像のようにキートップのエッジ部分に集まり、キー内部への侵入は少なかったそうです。

MacBookProシリーズのバタフライキーボードの故障問題は訴訟になるほど深刻でした。今回、新しく発表されたMacBookProシリーズには、その対策としてシリコン製の膜をキーボードのトップケース内部に着けられています。

スポンサードリンク



分解してその効果を調べていますが、パウダーをかけたところ、キートップのエッジに集まり、侵入は少なかったとのことです。

新しい製品を出すごとに、どうしても新たな問題が発生しているApple製品。開発しているときには、発見できないこともあるでしょう。

Apple製品が何か新しく出すと、けっこう問題が多い。

Apple好きがその問題を全身で受け止めて、好きになった弱みでなんだかんだ使って、それを見ながら次にはまともな製品を出す。

その自然の循環が行われます。今回も同じようなことが起きました。取りあえず、キーボードの障害は少なくなるはず。

ただ、さっき書きましたが、新しいMacBookProのCore i9の熱問題。これも、来年のMacBookProシリーズでは解決するでしょう。きっと、でも今買った人はお冠でしょうね。

買えない我が身としては、不幸中の幸いとして、喜ぶべきか否か。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください