ようやく新型iPad Proを見た!スーツをまとった大人のiPad Pro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



やっと新型iPadProを見ることが出来た。PCの代わりになる夢を見せてもらう。

仕事終わりに量販店へ

やっと新型iPadProを見ることが出来ました。

発売日がとっくに過ぎているのに実物を手に取れなくてやきもきしていたのですが、今日、なんとか近くのヤマダ電機でご対面できました。

スポンサードリンク



やっとご対面 iPadPro

店に入り急いでAppleコーナーへ。ありました、新型iPadPro11inchと12.9inch。

まずは11inchの感想

11inchはApplepencilと、Smart Keyboard Folioの完全装備。新しいApplepencilがiPadProにマグネットで付いていました。書き心地を確かめるために外してみると、これが結構強い。これなら簡単には外れそうもありません。

気がついたら落ちてどこかに転がって無くなってしまった。そんなことはなさそうです。でも、使い方次第なので気をつけるのにこしたことはないのですが。

次に、Smart Keyboard Folioを触ってみました。

これも強いマグネットでしっかりと固定されます。ぐらぐらした不安定な感じはありません。それに、かなり薄く、軽く作られているので、持ち運びも苦にならないのではないでしょうか。純正品の強みを感じます。

キーの打ちやすさを確かめてみました。

薄く作られているからか、キータッチはあまりいい感じを受けません。押したときの感触がペラペラしたで、なんだか打ちにくい。これは、慣れが必要かもしれません。

12.9inchは面白い

横に置いてある12.9inchは、なにも付けずに板のまま机の上に置いていました。

前の12.9inchはとても大きく、重く、持ち運びのに躊躇するだろうなと思いました。でも、新型は同じ12.9inchなのにこれはありかもしれないと思える大きさに仕上がっています。余計な部分をそぎ落とし、ぎりぎりまでディスプレイを広げたおかげで、画面は同じ広さなのに、全体的に小さくなったからでしょう。

サイズ感と使い勝手の良さが格段に上がっています。

写真現像やイラスト、動画編集などなど創作活動にとても集中出来るクリエイティブマシーンとして、期待出来るものになった。そう感じました。

もちろん、ビジネスでも大いに活躍しそうです。Excelも広々と使えますし、プレゼン資料をキーノートで作るのもApplepencilと組合せ楽々にこなせそう。図入りの資料作成などiPadProとApplepencilの組合せで作って見たくてしょうがありません。

本格的にビジネス書類を作るのには、12.9inchぐらいが必要だと感じます。

スーツをまとった大人のiPad Pro

新型iPadProは角が角張っているデザインになりました。まさに、板。前の機種よりも断然引き締まった感が、とてもあります。スーツをまとい大人のiPadProになった。そう感じます。僕はとても、気に入りました。

この板一枚を片手に掴んで、好きな場所で創作活動や仕事をこなす。魅惑的な夢を見てしまいます。ソファに寝転んで、お腹の上にiPadProを置いて、片手にApplepencilを持ち、リラックスした状態で創作に集中する。なんと幸せな日常でしょう。

新しくなったiPadProで、こんなことが出来るならどれほど良いでしょうか。

もちろんAppleはこんな日々を達成しようと、このiPadProやAdobeなどのアプリメーカーと開発を進めています。現実的にはまだまだ高い壁がありますし、乗り越えられないかもしれない。でも、Appleならば厳しいことが分かっていても、あえて挑戦し続けて欲しいと願っています。それが、僕たちが大好きなAppleなのですから。

「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください