スマホの今と未来。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

昨日 15:21 スマホ利用者の半数が「新製品に驚き感じなくなった」–MMD研究所調べ 井口裕右 CNET Japan 最新情報 総合

 

 

新製品の発表に対して回答者の12.5%が「過去も現在も変わらず驚きを感
じている」と回答する一方で、50%は「過去に比べると驚きを感じなくな
った」と回答。

iPhone6が画面がでかくなっただけと、評価しない
人が結構見受けられます。だけど、これが最高で
あり、これぐらいしか変えるところが無いほど、
スマートフォンは成熟製品になっているかもしれ
ません。

この記事でも、 50%は驚きを感じなくなったと
伝えています。本体のデザインも、OSも、基本
的には同じで、細かな使い勝手やデザインの変化
でしか差別化するところがなくなったのでしょう。

極論言えば、今の状態でスマホが成長していけば、
薄くて軽い単なる板になります。それに、無駄ない
OSが載ってくる。どれもが同じになっていく中で、
どう人々に興味と驚きを与えることが出来るのか、
メーカーの頭の痛いところです。

Appleは最近iOSとOSXの連携を強めています。
それに合わせて、アプリやサービス全般も対応させ
てきています。

今回はただ大きくなったiPhoneかもしれませんが、
それは全ての人が望んだことで、まずはそれは実現し、
多くの人を引きつけ、その後、サービスによる満足度
と驚きの数値を上げて、ユーザーの囲い込みをする
方向でしょう。

ただ、ハード面での変化がないわけでもなく、まだ
まだ望むことも多々あります。特に、アンケートの
中でも要望が多かったバッテリー。やはり、もっと
使える時間を増やして欲しい。

充電することをわすれるぐらいならないか、とは
いいませんが、一週間ぐらい持つスマホがでないもの
か、それが、願わくはiPhoneだったらいいのにと夢想
しています。

こうやってスマートフォンの今と未来を考えてみましたが、
個人的にはまだガラケー。スマホの未来よりも、スマホを
今欲しい今日この頃です。 

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください