ドローンを使って僻地や災害地で無線ネットワーク構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

  昨日 15:24 ドローンで僻地や被災地にモバイル通信を届ける「ワイヤレス中継伝送」 GIGAZINE

 

災害時には通信用の基地局がダメージを受けてモバイル通信が機能しなくなるおそれがあり、これによって被害が拡大するリスクが指摘されています。そんな通信環境がない場所にドローン(無人機)を使って空中からモバイル通信環境を作り出す「災害時無線中継伝送システム」が情報通信研究機構(NICT)によって研究されています。

最近悪名高いドローン。でも、可能性は幅広く満載です。

中継伝送システムをドローンに搭載することで、ドローン
を「空飛ぶ電波タワー」にしようというのが空中ワイヤレ
ス中継伝送システムが、ワイヤレスジャパン2015に展示さ
れていると紹介しています。

災害地や被災地を飛び、臨時で無線中継区域を作り、
通信環境を作るとのことです。

ドローンは直径20キロメートル程度の範囲を2時間以上連続飛行して、約400kbpsの連続通信を させることに成功した。

まだ、実験段階のようですし、システムも手作り感 がありま
すが、ドローンの有効活用の為、運用され ることを願ってい
ます。

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください