ブレードランナーの世界とカメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



一日ずっと雨が降り続いている。まるで、ブレードランナーみたいだ。

雨が当たり前の世界になって、終末観が高まっている。

このまま、世界は雨に飲み込まれ、滅んでしまうのだろうか。そんなことを考えながら、仕事をして、街を歩き、夕食を食べる。何気ない一日だったが、異世界に迷い込んだようだ。

スポンサードリンク



ブレードランナーといえば、新旧とも大好きだ。

何度でも観たくなる。魅力的でひきつけられる。人それぞれだから、これが正解ではない。しかし、自分の中では正しい。

この雨のせいで、写真を写せないのが残念だ。もちろん、雨の慕情を撮るのも一つの芸術に違いない。しかし、自分とカメラを、雨に濡らして写真を撮るには、自分の意思はか弱かった。

明日は、ブレードランナーの世界から抜け出し、晴れ渡った現実が訪れるようだ。そうしたら、晴れやかな空を撮ってみるかもしれない。

まあ、気まぐれな心と貧弱な体力と破れ去らなければという話だが。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください