プレゼンテーションのデザイン。10の傾向。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

  昨日 22:12 プレゼンテーション・デザイン、10の傾向 Jun Sakurada ビジュアルシンキング | せかいをまるくする。

SlideShareで「Presentation Design Trends 2014」というスライドを見つけました。プレゼンテーションのデザイン傾向を10個まとめた資料で、僕が好んで取り入れているコンセプトも4つ含まれていました。

ビジネスプランのプレゼンは行わないのですが、仕事の
仕様書は良く作ります。なるべく、伝えたいことを絞り、
文章を少なくし、図を多様して、慌ただしい現場でも
一目で理解出来るように、冷や汗をかきつつ頭を絞り、
作りました。

文章で全てを伝えなければと考える人には不評でした。
一般的な仕様書然としていないから。

でも、現場の担当者には好評で、仕事のミスも減りま
した。自分の考えが正しかったことに、ちょっとばか
し誇らしく思いました。

最近、スティーブ・ジョブズのプレゼンが話題になっ
てから、プレゼンや資料なのの見せ方に、皆が感心を
持つようになりました。

この記事では、プレゼンテーションのデザインの傾向
を伝えています。

  1. FLAT DESIGN(フラットデザイン)
  2. CLEAN AND MINIMALIST(簡素化 )
  3. INTERESTING INFOGRAPHICS(インフォグラフィック)
  4. PLAY WITH ICONS(アイコン)

うれしいほどに、自分の考えと同じです。
やっぱり、伝わってなんぼ。伝えたいことを、
どうすれば伝わるのか、手強い課題ですが、諦めずに
試行錯誤していかなくてはと、思っています。

今、デザイン的にバラバラなWebサイトを、フラット
デザインをベースに刷新したいと考えています。やる
なら、比較的に余裕のあるこれから。

ただ、かなり骨が折れる作業にもなるし、集客の目処
もたっていない。そう、思うとすくむ。でも、そんな
事を言っていちゃ、未来はありませんね。 

   

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*