世界のトップマーケッターと出会う機会が!神田昌典氏現代のマーケッティングを語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

  今日 0:42 デジタルの時代こそ マーケティングの基本を学べ ――経営コンサルタント&作家・神田昌典 – DHBR 神田 昌典 ダイヤモンド・オンライン – 新着記事

 Screenshot

 

それは僕の功罪だとも思います。マーケティングと
いう言葉は拡がったけど、本質的な理解がされてい
るかというと、まったくされていないと思います。

久しぶりにカリスママーケッターと名をはせた、
神田昌典さんのインタビューに目が留まりました。

今度、伝説となったマーケッティングの研究者、
フィリップ・コトラー教授が日本に来て、セミナー
を行うようで、その為のインタビューです。

さほど長くない記事ですが、マーケッティングの
問題点と、これからのあり方を、実に的を得て
語っています。さすが、言葉の魔術師、ダイレクト
・マーケッティングの天才です。

記事の中で、おもわずにやりとしてしまったのが、
引用された言葉です。猫も杓子も、そして、私も
マーケッティングと言うようになりました。

が、その本質と、使い方を正しく知っているのか、
結果を出しているのかと言えば、まだまだです。
本質的な部分が欠けているのは否めません。

知っているようで、理解していない、使えない
日本の英語のようなものです。

単に、集客すること、調査することと捉えて、
総合的なマーケティングの視点に欠けています。
そのことを、少し自虐的に神田氏自身の責任だと
語っています。

また、本質的には不変な部分はあるのですが、
世の中の流れにより、具体的な対応部分で、
変化を求められます。

一時期、いや、今でも盛んに行われている、
ネットだけでのマーケッティング活動は今や古し、
リアルで知っている人とのコミュニケーションが
加味されないと購買決定にはつながらないと述べ
ています。

ネットと、リアル双方の利を活かした、「コミュ
ニティ・メディア」が必要になるとのことです。

私もそれは良く感じています。ネットでお問い合わ
せいただくことだけでは、一面的なつながりで終わ
ってしまいます。そこに、なにか加味しなければな
らない。せっかくの出会いがそれではもったいない
そう感じます。

なにか、販売うんぬん別にして、もっと気楽に、楽
しくお客様との出会いを楽しめたらと思うのですが、
根が人付き合いが不得手な私には、荷が重く難しい。

ちょっと、販売や、集客うんぬんを抜きにして、
新しい知人を増やすぐらいの気分で訪問できればい
いのですが。そこで生まれるゆるやかなつながりが
考えもしなかった結果に結び付くはずです。

そんなゆるやかだけど、リアルで、確かな行動を
これから行っていかねばと教えられました。

さて、この記事の本題は、9月24日と25日東京で開
催される「ワールド・マーケティング・サミット・
ジャパン2014」先ほど紹介した、コトラー教授以外
にも、有名企業のCEOが多数参加する、現代の英知
の集結と言える、かなり気合いの入ったセミナーです。

きっと、すごい知恵との出会いがあるでしょう。

私も参加したくてしょうがないのですが、値段を見て
ビックリ! 一般会員で一名、80,000円。ちょっと、
私には難しい。これを、高いと思わず参加する事こそ
イノベーションと言えるのでしょうけど。

ただ、通信人としては、こんな超弩級のセミナーを
全世界配信よ言わずとも、日本全国に配信したいと
願っています。そんな仕事、どうしたら協力させて
いただけるのでしょうか。 

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください