今回も足に合わない靴を買ってしまった。いっその事裸足で生活したい。でも、ファイブフィンガーズ シューズ ならいいかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






Shoelaces 115153 640

最近新しく靴をたったのだけど、やっぱり足の先が窮屈でとても痛い。
3Eサイズの靴巾で、足がとっても楽だと書いていたけど、僕の偏屈な
足には合わなかった。

スポンサードリンク



これで、大枚叩いて買ったこの靴は使い物にならない。無理に履くと、
親指や膝など足全体が痛くなって、歩くこともままならなくなる。
もう少し、足がスリムならばいいのだが、生まれ持った幅広のこの足には
宿命的に合う靴が少ない。

この間、「YOUはなにしに日本へ」を見ていたら、裸足で生活している外人
が出てきた。靴を履かず外で歩くときにも、家の中で生活するにも、素足で
いる。

結局のところ、僕もこのような生活をしたほうが、健康のためにいいのかもしれない。
無理に合わない靴を履くと、骨全体を歪んで体に多大な障害を与えると聞いた。

事実、親指を極端に歪んでしまう靴を無理して履いていると、必ずと言ってほど、
膝が痛くなり歩くのもままならなくなる。そして、比較的に足が楽な幅広靴に
履き替えると、嘘のように膝の痛みが取れるのだ。

やはり、もっと足に合った体に優しい靴を履かなきゃいけない。そう、つくづく思う。
でも、自分に合った靴は本当に少なくて、おまけに高い。靴の種類だとオブリーグ型
と言うのだけど、なかなか普通では売っていない。

毎回靴を新調するときには、いろいろ悩んでいるのだが、その辺で手を打って買ってしまうと、今回のようにしばらくすると足に合わなくて、悲惨な目に会うことが多い。

それじゃ、買う前にちゃんと履いて確かめれば、なのだけど、ちょっと履いたぐらいでは、
意外とわからないものなのだ。今回もそうだった。

こんな苦しみを毎回するのなら、いっその事靴を履かない生活をしたい。なんて、
正直考えてします。履かなくても、江戸時代みたいに下駄や草履の生活にしてしまおう
かなんて思う。会社にも、どこにもそれでOKみたいな環境にならないだろうか。

ただ、この幅広窮屈靴地獄から、足を救い出してくれそうな、靴が世の中にはあるようだ。
最近、気になっているビムラムファイブフィンガーズだ。なんたって、裸足と同じ五本指靴。
柔らかくて、自由に曲がる。これだと足を強制的に締め付けて、ゆがめることもなさそうだ。

ただ、これの欠点は、耐久性がなさそうな割には、値段がとても高い。僕にとっては。

2万円弱するから、今の僕の財布だと清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要だ。それならば、もう少し吟味して、通常のウォーキングシューズを買った方がいいのかもしれない。

でも、評判が良くて体の骨の矯正もしてくれて、健康にも良く。足の土踏まずを復活させてくれたり、指の筋肉をつけてくれたり、挙げ句の果てには、アレルギー体質が改善したり、病気にならなくなったり、まるで、神話のような効果が出ている。

生きた、2万円。として使うべきか、否か。本当には靴にはほとほと悩まされる。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください