任天堂、岩田社長死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

  任天堂の岩田社長が死去 任天堂は、代表取締役社長の岩田聡氏が11日に胆管腫瘍のため死去したと発表した。

任天堂は7月13日、代表取締役社長の岩田聡氏(55)が11日に胆管腫瘍のため死去したと発表した。後任は「未定」(同社広報室)という。

最近、業績か厳しい状態が続いている任天堂に、さらなる悲劇が。

カリスマ社長として、長年、任天堂を引っ張ってきた岩田聡社長がお亡くなりになりました。 胆管腫瘍で、昨年6月に切除手術を受けましたか、悲しい結果となりました。

まだ、55歳でした。

全く個人的な気持ちなのですが、岩田社長の俺様感のない、親しみのある雰囲気がとても好きでした。 業績の厳しい状況が続いて、これから厳しい判断が必要になる場面が、幾度も出てきます。

そんな荒波を、岩田社長ならば再び乗り越えてくれると、思っていたのですが。

本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。

 




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*