再びiPhoneXSをいじって。親指が機種を決める!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



再びiPhoneXSを見てきて

ちょと、ヨドバシの近くまで行く用事があったので、iPhoneXSをまた触りたくなって、つい、足を向けてしまいました。

スポンサードリンク



店内に入り、まっすぐAppleコーナーへ。

前と同じ、手に取っている人はいない。他人を気にせず安心して手に取れることを心の中で密やかに歓喜して、前に立ちます。

まずは、iPhoneXSを手に取りました。

手に収まる気持ちよさ、親指でのみでアプリ操作を完結できるころあいの良い大きさに、幸せを感じつつ、iPhoneの正しい成長の後を実感。

代わり映えしないとか、変化がお粗末だとか言う人が多いけれど、操作一つにこれだけ心地よさを感じさせてくれるのは、Appleのみと言えよう。

なんて、Androidを一度も使ったことが無いのに、身勝手な感慨にふけってしまいます。

次に、iPhoneXS MAXを手に。

前に持ったときより、大きく感じてしまう。さっき、iPhoneXSを触ったからだろうかと、思いつつ、ひとしきり操作をしてみたのですが、さっきの心地よさとは薄く、操作をしている意識がついてまわり、ほのかな違和感を感じました。

手に取る数秒前まで、でかいことが正義とMAX信者でしたが、みょうにMAX無しでもいいんじゃないか、いや、無しの方が今のiOS12にピッタリしているのではないか。なんて、思ってしまいました。

iPhone 8 plusまではホーム画面を押せばなんとかなるので、親指をそれほど動かさなくても良かったのです。だから、親指の操作感はさほど気になりませんでした。

iPhoneXシリーズはホームボタンが廃止され、アプリの切り替えや、ホーム画面へ戻るときに、画面をスライスするようになりました。そのため、親指の操作感か今まで以上に重要になりました。

それで親指の動かしやすいiPhone XSの大きさが気に入ったのかもしれません。

今使っているiPhone 7 plusはついこの間バッテリーを新しくして、何不自由なく快適な状態です。

速さや、操作性、持続時間など使うには十分で、これで手放してしまうのは、天罰が下るでしょう。2年も使い続けたいとは思いませんが、一年か半年ぐらいで新しいiPhoneを手に入れたいと思っています。

次は、いよいよiPhoneXシリーズを手に入れるつもりです。でも、操作性のMAX無しか、画面がでかくてより多くのことが出来そうなMAXか、悩み多き選択をしなくては無くなりました。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください