名も無き価値ある人生。彼がいなければAppleⅡは生まれなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 shizuoka1412- (9 - 10)

 

  2014年12月27日土曜日 17:26 Bill Fernandez がいなければ Apple II は生まれなかった shiro maclalala2

  

Fernandez いわく、「Apple II の最初の完璧な配線図を描いたのは自分だ。」

世の中が一歩進むためには天才がどうしても必要だ。
だけど、天才を天才たらしめる結果を出すためには、
凡人がどうしても必要である。

天才だけでは、世の中が理解できる段階まで形作れ
ない。天才の頭の中で埋もれている宝石を、救い、
拾い上げ、磨くことを誰かがやらねばならない。

ただ、どうしても天才に人は目を向けるし、賛美を
与える。天才と凡人をつなぐ、存在には目を向ける
ことをしない。天才も、恩賜を受ける凡人も。

それは仕方ないことなのだろう。歴史が動くときには、
天才を光らせる、磨き布みたいな存在が用意される。
歴史の必然性だろうか。

ただ、それは布だからどこにでも有り、使い終われば
捨てられる運命だ。

誰も、そんなものにはなりたくないが、どうしても
それを割り当てられる人生がある。僕たちは数多くの
天才達の裏側に、そんな捨てられた価値ある人生が
あることを、思い描いて感謝しなくてはいけないの
だろう。 

 shizuoka1412- (6 - 10)

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください