携帯電話の厳しい状態が続いていることを考えさせられる、NECがNECモバイルコミュニケーションズから携帯電話端末事業を譲り受ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

↑この記事のネタ元です。


日本電気は12月25日、会社であるNECモバイルコミュニケーションズから携帯電話端末事業を2016年3月1日付で譲り受けることを決定したと明らかにした。

NECは、NECモバイルコミュケーションズから、携帯電話事業を譲り受けることを決定しました。

スマートフォンの新規開発は中止し、事業を段階的に縮小してたとのこと。今回、独立企業としては非効率な規模となっていたので、NEC本体で譲り受けることになったと伝えています。

厳しい状態が続いている、日本の携帯電話事業の現状を感じさせる記事です。今後、吸収した後にどの様な事業展開をしていくのでしょうか。それとも、関連技術を他の事業に転用していくのか。なかなか難しい舵取りが続きそうです。

 









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。