日本人が大好きなドイツは実は日本が大嫌い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【書評】なぜ、ドイツのメディアは日本をこんなにも嫌うのか国際2018.08.20 98 by 『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』

ドイツメディアが報じる悪意に満ちた日本の情報。特に原発に敏感なドイツ人の日本への反応は、驚くべきものでした。

日本人というのは、自分でもなんだか分からないのにドイツが大好き。僕もそう。何ででしょうね。白人系の文化が意味も無く好きで、その中心的存在がドイツ文化だからでしょうか。

スポンサードリンク



ドイツが好きな理由の一つが、彼らが作り出す機械の魅力がとてつもなくある。カメラであれば、ライカ。車で言えばベンツ。戦車で言えばタイガーなどなど。

機械以外にもベートーベンのクラシック音楽。

そして、映画にしても、アニメにしても、潜在的にドイツを好意的に描いています。

その、我らが愛すべくドイツは、見事な片思い。それも、相手は忌み嫌っている状態。なんとも、実りのない恋の行方のようです。

ただ、本来ならこの本を読んで、内容を理解して故でこんなことを書くべきですが、大好きと一方的に愛情を傾けているドイツが、実は、嫌悪しているのが日本という悲恋を知り、なんだか書かずにはいられませんでした。

ドイツにとって日本は、世界中でほとんど唯一のライバルだ。日本の好調は嫌悪しかない。だから常に攻撃の矛先は日本に向く。

こんな一文が書かれていましたが、冷静に考えると、日本というのはドイツに憧れて、ドイツのお得意の分野を駆逐してしまった存在です。

カメラだって、車だって、工作機械等々。日本製品が世界では幅をきかせています。

それを考えると、ドイツが日本を永遠の宿敵だと考えてもさもありなん。

でも、日本のアニメや、自然、文化などを愛してくれるドイツ人もいますので、なんとか仲良く互いに切磋琢磨出来ればなと思うばかりです。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください