映画批評は難しい。とにかく書いてみるか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なかなか映画の感想を書くのは難しいですね。子供の時に読書感想文を書くのが大の苦手だったのですが、それはいい歳になっても変わらないようです。

自分の感じたことを、人に伝わるように書くのは本当に難しいです。映画が大好きすぎるせいか、頭に浮かぶいろんな感情を、うまい具合に順序立てて、書くことができません。

映画批評をうまいこと書いているブログを読んでいると、映画のある場面を書きつつ、それに感じたことを付け加え、人を納得させています。観なくても、もう腹一杯状態です。

自分もこのように、事細かに書いてみなくてはと思っているのですけど、めんどくさくなって書く気が失せてしまいます。それでいて、映画を観た感想はふんだんに頭の中を巡っているのですから、その矛盾に苦慮しています。

なんだか、うまくいきませんね。頭の中の感想をうまい具合に整理する方法はあるのでしょうか。それとも、習うよりも慣れろで、書いていれば要領を掴みことができるのでしょうか。

でも、書かないことには始まらないので、よっぽど、感動した作品は書いてみるつもりです。書いていればなんとかなるかもしれません。安易かもしれませんけど。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*