次のiPhoneは羊の皮を被った狼?デザインはiPhone6と同じだけど、驚くべき機能が盛りだくさん。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 
IPhonese

↑この記事のネタ元です。


アップル(Apple)が今年秋にリリースするとみられている次世代iPhone(「iPhone 7」)について、ハードウェアのデザインが現行機種「同6S」「同6S plus」のそれとさほど変わらない見通しなどとする情報筋の話が米国時間21日にWSJで報じられている。

今年発表される予定の次期iPhoneは、iPhone6とさほどデザイン的には変わらないと
予想が出ている。個人的には、今のデザインはさほど好きじゃないので、残念だけど
完成度が高いのは間違いないので、あと1年ぐらいは引っ張っていくのかもしれない。

スポンサードリンク



同じデザインといいながら、機能的には抜本的に改良されており、これは驚きもものき
の、ヘッドホン端子の廃止、本格的な防水機能、薄型化など、やはり今とは違うものと
なって、生まれてくるよう。

今回は、それら機能の追加に集中し、製造が安定している筐体デザインはそのままで、
本腰を入れて変革するのは、追加された機能が安定してからになりそうだ。

だから、次期iPhoneは魅力的じゃないと、諦めることはないと思う。だって、予想され
ている機能がすべて実装され、それに、かなりの力技で機能を追加したiOSがソフト面で
サポートすれば、結構、魅力的なものになるはず。

いったいどんなiPhoneが、現れるのか。本当楽しみ。

ただ、今使っているIiPhone6をsが付いたやつに買い換えることが、僕にとっては先決
に違いない。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*