親指シフトを続けてはいるものの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 tokyoaoyama20158 (69 - 91)

親指シフトを続けてはいるものの

今日はとても疲れてあまり頭が働かないので、なんとなく書いています。 最近の夜更かしのせいでしょうか。それとも、一週間の疲れが出たせいでしょうか。 適度の休みは必要です。

そんな時には、親指シフトがうまく打てません。相変わらず、親指シフトは続けています。 でも、思うようほどに身についておらず、一とつ打つにも思い出しながら打っています。 時折調子よく打てるのですが、そのうち頭の中で考えてしまい、無意識の範疇から出てしまいます。

そうなれば、いちいち頭の中でキーを思い出す必要があり、調子よく打てなくなってしまいます。 本来ならば、ローマ字打ちに比べて格段に日本人に優しい親指シフトなのに、苦しめていることに なっている状態です。

しかし、今更ローマ字打ちに戻すこともしたくないので、とりあえずは修練を続けていくつもりです。 なんたって、この間、ローマ字打ちをすることになったのですが、前は無意識の打ちに言葉を出せていた のに、思い出さないと打てないことになってしまいました。

前にも、後ろにも行けない状態になってしまったわけです。

もちろんこのブログは親指シフトで打っています。調子悪く、打ち間違いを繰り返しながら。 それでも、この打ち方の希望というか、効果的な価値は十分感じられ、調子よく打てた時など、 歓喜の嵐です。

きっとこのまま続けていれば、それはそれは効果的に、効率的に、気持ちよく、打てるようになるのだと、 希望を持ちつつ進まなければ、そう思っています。

 

 

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。