言葉が昇華するとき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事が忙しすぎるといういいわけで、最近はめっきりBlogを
書いていません。

書くことは多々あるのですが、落ち着いてからちゃんとしてものを
書こうと思うと、どうしても書くことを延ばしてしまいます。

私は写真を撮ることが大好きで、三度の飯よりもとはゆきませんが、
それに近いものがあります。出張などで初めての土地に行くと、
ほんの30分でもカメラを抱えて、街角を歩きます。

すると、このとき出ないと出会えなかった被写体と出会うことが
多々あります。そして、光に輝くそれらを写真に納めることが
できます。次の日にと延ばしたばかりに、雨が降って日が陰り撮
れなかったことも幾度となくあります。

すべては一期一会。いつ、出会いがあるかもしれません。
その為に、常に出会うための準備を丹念に、最善に行う必要が
あります。

こんな感じで、Blogも書いていかなくてはいけないのかなと、
思います。常に、日々の出会いと、なにげなく、気負い無く
書くことで、書くことの準備を行っておく。それが、輝く言葉
との出会いになるに違いありません。

それを考えるならば、言葉に代えることの出来る、日々の機微は
余すこと無く書くべきなのでしょう。それが、輝く言葉に昇華す
るときを待ちながら。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください