進撃の巨人は久しぶりの大怪獣映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 
AttackTitan

進撃の巨人は久しぶりの大怪獣映画

進撃の巨人を観たある人がドラマ部門を観なければ傑作だと言っていました。 まさにその通りで、怪獣映画、ホラー映画としてみれば最高に楽しめる映画です。

とにかく、余計なものをそぎ落とし、小気味いい演出に徹した、破壊と戦いのシー ンは、よく頑張ったと拍手ものです。

面白いのでもう一回観てもいいと言われれば観てみたい作品でした。 巷では結構批判されていますか、映画として楽しめる作品です。

もちろん、人を描くところは褒められたものではなかったのは事実。 嘘をつくわけにはいかないので、正直書きます。とにかく、絶望的な 環境で、生死をかけて生きていく人を描くには、物足りない。

脚本の荒さも目立ち、もう少し丁寧に経過を描いてくれれば、もっと 味のある作品になっただろうし、深みも出たはずです。

後半の廃墟の中での一夜などは、それぞれの人生観が垣間見えて、 より深く登場人物に感情移入出来るようになる、重要なシーンでしたが、 肩すかし以外の何ものでもありませんでした。

圧倒的なスピードでたたみかけるように展開する編集と演出は、とても 惹きつけられた分、実に残念で仕方がありません。この監督の意図したところ なのか、巨人との戦闘シーンで精魂使い果たしたのか、演出が滞っている 感じがしました。

それでも、初めに書いたとおり、また観たくなる、そんな不思議な魅力を持った 大がかりな怪獣映画。そんな感じでしょうか。

 




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*