銃声が消える1年に1回の時。レバノン・マラソンの話。TED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

photo:S110sanpo13918 23

 

メイ・エル=カリル: マラソンで平和を築く

レバノンでは1年に1回、暴力とは無関係の銃声が聞こえます。ベイルート国際マラソンの号砲です。何十年も政治と宗教によって分裂していた国を、42.195キロのランニングで1つにできる、そう信じたのはなぜか。マラソンの創設者、メイ・エル=カリルの感動的な話です。

体を動かし、歓びを共有することが、素晴らしい一体感を生む。オリンピックなどが代表されますが、
スポーツの素晴らしさはここにあります。

この話は、一人の女性の働きで、暴力の連続で荒廃したレバノンでマラソン大会が行われ、このとき
だけは、暴力と無関係の銃声が聞こえる、つまり、マラソンのスタートの合図が、高らかに鳴り響く
のです。

ほんの些細なことで、人間は争いあうようになりますが、また、小さな素晴らしい切っ掛けで、
人は平和を取り戻すことが出来る。諦めてはいけませんね平和への。 

 

photo:S110sanpo13918 19

 

「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください