顧客の創造、マネジメントの真意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






「つかめる!“高画質”CUBE」

H.264 HD超小型Encoder・Decoder

株式会社セイロテレコミュニケーションズ

※スポンサーサイトです。クリックすると移動します。


ドラッがーマネージメントより。


1,マネジメントとは、すでに確立された事業の管理的な活動を意味
していた。しかし、今や既存のの最適化に加えて、新しいものの創造
に加わらなければならなくなっている。マネージャーは起業家でなけれ
ばならない。イノベーションの為の組織を作り、動かすことを学ばなけ
ればならない。

上の言葉はあまりにも有名なドラッガーのマネジメントの
ー節です。

マネジメントは管理の枠を越え、創造的仕事を受け持たなくては
ならない。マネジメントを実行する者はすなわち起業家であり、
顧客の創造者にならなくてはならない。

今ある仕事を管理する事、処理する事が仕事ならば、今ある仕事が
いつの日か、誰かの手によって、世の流れによって、消えてしまっ
たならば、そこで存在の意味が無くなってしまう。

常に私たちは変化にさらされている、砂上の楼閣の上で生きてい
かざる得ない。

だから、今あるものを守りながらも、次の未来へ手さぐりで進ん
でいかなくてはならない。

だが、人は見たいものしか見えない。今は永遠と見る。未来は続
くと信じる。自ずと、進む意味を見失い、留まる恐怖を甘く感じ
る。

創造は足場が失ってからは出来ない。今がある時に少しでも確か
に進んでいかなくてはならない。真のマネジメントが成し遂げな
ければならない顧客の創造に向けて。

ちょぃと自分への戒めもこめて書いてみました。
今、せっかく時間が出来たから、Webサイトの充実化や、顧客へ
の営業展開など、マーケティングや、マネジメントを行なわなく
てはと思いつつ、気はあせるばかりで何から手をつけたら良いの
やらと日々もんもんいています。

そんな時、ドラッガーの言葉は相変わらず、厳しく、真摯に、
熟考した知意を伝えてくれ、生きるための姿勢を正してくれます。
ありがたやです。







★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください