高級なiWatchが時計を変えるか。Apple、タグ・ホイヤーから幹部引き抜き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

shizuoka1468-7 

  今日 14:24 アップル、タグ・ホイヤーから幹部引き抜き – iWatch販売責任者に起用か WirelessWire News

 

 NewImage

NewImage

アップルが高級時計メーカーのタグ・ホイヤーから
幹部社員を引き抜いたとする話をCNBCが伝えている。

時計好きならば間違いなくその名をしているタグ・ホイヤー。
その幹部社員をAppleが引き抜いたと伝えられています。

引き抜かれたのはタグ・ホイヤーのセールス・ディレクター
とのこと。

興味深いのが、Appleは発売するスマートウォッチに「Swiss
made(スイス製)」の看板を付けて売り出したいと考えてい
るようです。

いったい、Appleが発表しようとしているスマートウォッチは
どんなものになるのでしょうか。高級時計メーカーに触手を
延ばしたことを考えると、宝飾店にでも並ぶような品質の
時計を真剣に作るつもりかもしれません。

ただ、時計とデジタルガジェットとは正反対の部分があり
ます。高級時計は一度買えば一生モノです。デザインも機能
もさほど変わるらす、だから長年変わらない満足感を与えて
くれます。

しかし、コンピューターやスマホなどのデジタルガジェット
は、毎年機能が改善され、そして、数年ごと大きなイノベー
ションが起こります。そうなると、今までのものが一気に陳
腐化して無価値になる。そんな、儚いモノです。

その真反対の運命を背負ったものを、いかにAppleが調合し
世に出すのか、AppleDNAの腕の見せ所でしょう。

正直、時計好きの僕としては、デジタルガジェットの目まぐ
るしさを時計に持ち込んで欲しくないと思いますし、まった
く合わないのではと危惧するのですが、iPodが出たときも、
iPhoneもiPadも、おまけにOSXが世に現れたときも、首を
傾げていたのですから、杞憂に終わるかもしれません。

今回のタグ・ホイヤーの幹部引き抜きや、長期間チラ見せ
もせず、開発していたりして、着々と周りを固めている様
子をみているに、用意周到で緻密なティム・クックCEO
の成果が近いうちに見られそうです。 

shizuoka1468-6 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。