2018年 7月 の投稿一覧

心が分からないこそ、物語が深くなる「万引き家族」感想日記



かなり前に観たのでそろそろ感想を書かなくてはと思うので「万引き家族」の感想を書いてみたいと思います。

是枝裕和監督は好きな監督なので、安心して観ることができました。最近では珍しく監督の名前で観ることか出来る監督です。

役者の演技を引き出すことで有名な是枝裕和監督。今回も演者は素晴らしい演技をしていました。

スポンサードリンク



続きを読む

ケント白石さんもNikonが恋しい?Nikonミラーレス機に期待と不安



 遅いぜNikon – フルサイズミラーレスカメラ開発! https://blog.goo.ne.jp/chimaki-1014/e/b5b0d4a2fedf2a210ccfb4158c00c8d7?fm=rss

・・・がしかし、SONYの高価なフラッグシップといえども、まるでおもちゃ玩具のようなボディ作りを、ケントは気に入りません!

ケント白石さんがNikonのミラーレス機に対して、熱い期待と、大きな不安を語っています。

スポンサードリンク



続きを読む

SONYがスマホ用センサーで4800万画素なんて、スマホですべて終わる世界が来てしまうのか。



 

 スマホで一眼レフ並みの写真! ソニーが4800万画素のCMOSセンサー開発 https://techable.jp/archives/80569

ソニーは、有効画素数が4800万というスマホ向けCMOSイメージセンサー「IMX586」を発表した。

スマホ向けのCMOSセンサーで4800万画素なんて、どれだけ凄いんだと、驚いてしまいます。

SONYが有効画素数4800万画素のスマホ向けCMOSイメージセンサー「IMX586」を発表しました。

今年の9月にサンプル出荷を予定するようです。

スポンサードリンク



続きを読む

なんと!ロボットのたこ焼き店が長崎ハウステンボスに出現!



世界初!ロボット職人によるたこ焼き店が長崎ハウステンボスにオープン

そこで、ついに登場したのがロボット調理人。しかも、日本人のソウルフード、たこ焼きを焼いてくれるというのだから、見逃せない。

四国生まれだけど、関西文化で育った僕には、見逃せないニュースが。なんと、たこ焼きを焼くロボットが登場しました!

スポンサードリンク



続きを読む

ふたたび会える!12月,シーンを追加し上映「この世界の片隅に」




## [ 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」12月公開。30分新規シーン“もう一本の映画” https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134821.html](https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134821.html)

> ロングラン上映を続けているアニメ映画「この世界の片隅に」に、約30分の新規シーンを追加した別バージョンが、今年の12月に公開される事が決定した。

「この世界の片隅に」に30分新たに追加した、「この世界(さらにいくつかの)の片隅に」が12月に公開されるます。

原作の魅力的なエピソードを今回追加し、さらにいくつかの人生を描くとのことです。

スポンサードリンク



続きを読む

ほんとよかった!MacBook Pro熱問題が解決。修正アップデートリリース中。





新MacBook Pro、OSのアップデートでパフォーマンスが復活!

新しく出た2018 MacBook Proの最高機種 Core i9の熱問題で悲鳴を上げている人がいるようです。なんたって、50万円ぐらいする、あのMacBook Pro。

それが、まともに動かんなんて、絶望の沼に突き落とされている心境でしょう。

しかし、この全世界を恐怖に突き落としたMacBook Proの熱問題、意外と早く解決したようです。

スポンサードリンク



続きを読む

腰痛対策のために悩む日々。ビムラムファイブフィンガーズとかアーユルチェアーとか



腰痛対策のために何をしようか悩む日々

この間から腰痛がひどくて、昨日はとうとう会社を休んで一日寝てしまった。ビムラムファイブフィンガーズを履いていれば腰痛が無くなるのではと期待したが、やはりそんなにうまい具合には行かないようです。

それとも、ビムラムファイブフィンガーズは靴底が薄いから衝撃が足腰に伝わりよけいに痛めたかもしれません。まあ、関連性はまったくわかりません。

ただ、素足で履くビムラムファイブフィンガーズはとても気持ちよくて、やみつきになっています。

スポンサードリンク



続きを読む

とうとうNikonから本格ミラーレス機が出るかも!?



 先手はニコン! ニコンだ! 「フルサイズミラーレス機」らしきカメラが登場するティーザー動画が公開 https://www.gizmodo.jp/2018/07/nikon-mirrorless-camera-teaser-video.html

次の100年は、ただいま期待度MAXのフルサイズミラーレス機で幕を開けるのかもしれません。

Nikonがとうとうミラーレス機を本格的に発売するかもしれません。

スポンサードリンク



続きを読む

最小限で最高の結果を!それならMacBookがよいかも。



最小限で最高の結果を出す品を選ぶ必要性。MacBookへの興味。

ごじゃごじゃしたものではなくて、最小限で最高のものを常に身につけたいと思ってはいます。でも、根が虚栄心に満ちているせいか、つい、いろいろと出来る重くて、大きいものを選んでしまいます。

今日、立ち寄った本屋に名前をすっかり忘れてしまいましたが、最小限で質のいいものだけを選んで使っていると言う人の本がありました。

とても、センスの良い本だったので、手に取って彼が何を選んでいたのか確認してみました。

確かに選んでいる一つ一つが、最小限で最高の結果を出せる品ばかり。多機能な品を持てばもちろんいろんなことが高い基準で出来るでしょう。でも、それでは、必要も無いことが増えて、洗練されていません。

あえて、日々の生活を快適にするために、捨てることも必要だと思わされました。

うれしいことに著者はApple好きらしく、スマホはiPhoneXを使っていました。値段の高さがネガティブに語られていますが、一年二年片時も手放さず、使い続けるiPhoneX
は十分元が取れる価格だと書いていました。

そして、PCもMacを使っていました。

使っていたのは、MacBook 12inch。

スポンサードリンク



続きを読む

「好き」しか出来ない。「好き」を選ぶ勇気。



昨日なにげにテレビをつけたら、発達障害のことを取り上げていた。記憶が出来なかったり、落ち着きが無かったり、相手の感情を理解出来なかったりてして、日常生活で障害がある。そんなことを紹介していた。

知能的には問題ない人も多く、また、特別な才能を持っている人もいる。

この番組でも、ピアニスト兼作曲家の女性を取り上げていた。彼女も知能的には問題なく、かえって一流大学に入学できるほどであった。

もう一人、モデルや俳優をやっている男性がゲストとしてきていたが、彼は記憶力が人並みに無く、すぐ忘れてしまうために、日常生活や学業で苦労していた。

発達障害と言ってもさまざまあるようだ。

スポンサードリンク



続きを読む