4K機器を使って、より効果的に8Kを配信。スカパー、アストロデザイン共同実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




Jsat top
 

↑この記事のネタ元です。

スカパーJSATは、アストロデザインや富士通と共同で、通信衛星を使用した8K映像伝送実験を8日に行なった。アストロデザインの8K変換技術を活用し、現行の4Kエンコーダ/デコーダでの8K映像送受信が可能であることを実証したという。

8K配信実験

スカパー!JSATカバーとアストロデザイン、富士通が共同で、通信衛星を利用した8K映像伝送の実験を行いました。

この実験で特筆されるのが、通常ならば高価な8K専用エンコーダ/デコーダが必要なところ、普及されている通常の4K技術や機器を使用することで、利便性が向上するとのことです。

スポンサードリンク



4Kを利用した効果的な伝送

スカパー!JSATは、今までも4Kの技術を使い、送信と受信それぞれ4K四分割で一枚の映像にする検証をしてきましたが、画面の境界に線が現れしまいました。これを解決するためには、広い伝送帯域が必要とされ、実用性にいたりませんでした。

今回、アストロデザインとの共同実験では、アストロデザインの8K変換技術により、「2SI信号」信号に変換し、データを四分割し伝送路の不可を軽減するとのことです。

8Kを必要としているもの

4Kでの放送が一般的になり、地上波やネット配信との差別化を図るために、着々とより高画質の配信を狙っているようです。既存のシステムを利用して、より安価で使い勝手のいい8K配信が可能になると、映像配信の一歩先を進むことができるかもしれません。

そう言えば、Appleの壁紙で有名な北海道在住の写真家ケント白石氏は、8Kでの写真作品に力を入れています。彼のような8Kの可能性を確信し、創作しているクリエイターと組んで、映像作品を作成配信すれば、面白そうだと思うのですが、どうでしょう。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください