何気なく描いたスケッチが一番いい!アナログとデジタルの垣根を越える「Adobe Capture」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






Adobe Capture1 

↑この記事のネタ元です。


そんな時にぜひ使用をオススメしたいのが、今回ご紹介する アプリ 「Adobe Capture」です。

何気なく描いたスケッチがいい

何気なく描いたスケッチが、意外と良くて素材にしたい時ってあります。でも、それをillustratorなどで、加工するときには、ベクターデータに変換する必要があり、なかなか面倒です。

その面倒さを解決してくれるアプリが紹介されていました。「Adobe Capture」です。

スポンサードリンク



手書きがそのまま素材

写真や手描きイラストを、ベクター素材に変換したり、写真の色を摘出したりすることが出来ます。それに、スキャンしたイラストを、トレースしてくれることもしてくれます。

スキャンして取り込んだ素材を、iPhoneやiPadでベクター素材にしてそのまま加工したり、AdobeCreativeCloudにアップして、MacやPCのillustratorで本格的に作り込んだり出来ます。

トレースするのには、けっこう手間と時間がかかりますので、完全とは言えなくてもある程度自動で処理してくれるのは、かなり時間の節約になるはずです。

垣根を越える

紙にペンで自由に着想を形にした方が、いいときがあります。ただ、その後のデータ化は骨が折れる作業です。それを解決してくれるアプリはとても重宝するに違いありません。

これからも、アナログとデジタルの垣根を越えるアプリがたくさん出てくれることを期待します。

App Store

Google Play









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください