Amazonで「Adobe Creative Clound フォトプラン」を購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

とうとう購入

散々悩んでとうとうAdobe Lightroomを購入しました。購入したプランは、「Adobe Creative Clound フォトプラン」

NikonのD7200にしてから、 Lightroom5で現像が出来なくなり、Nikonの現像ソフトを使っていましたが、動作が重くて現像しているとストレスがたまります。

せっかく、念願のカメラを手に入れたのに、現像することがストレスになって、撮った写真が現像出来ずにどんどん溜まってしまいました。

Adobeで「Adobe Creative Clound フォトプラン」を契約すると、次々税別980円。大した金額ではないかもしれませんが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

少しでも安くとAmazonへ

少しでも安く買える方法はないものかと、ネットで調べていると、Amazonでプライム会員セールをしており、10%割引が適用されるとのこと。

ささやかな金額ですが、少し気持ちが軽くなって、購入の踏ん切りがつきました。

ただ、月々支払いではなくて、一年一括払い。一万円強の支払いは結構きついのですけど、月々支払うプランよりはお安くなるので、先に払うか、わけて払うかの差です。どうせ払うのですし、少し安くなるので、いいことにしました。

でも、Amazonの販売プランは、時々割引販売をしているようで、前は8千円代で購入できたようです。

クリックして購入すると早速ダウンロード

そんなことを考えつつ、Amazonの購入ボタンをクリック。

Adobe管理に前に登録していたAdobeIDで入り、ソフト購入ページでAmazonから送られてきたライセンスキーを入力すると、無事承認されました。

Macにインストールしていた、「dobe Creative Clound 」ソフトを確認すると、ソフトの一覧がちゃんと並んでいました。もちろん、ダウンロードアイコンが表示されています。

クリックすると、ダウンロードとインストールが始まりました。

使うは昔馴染みの「LightroomCC classic」

無事終了し、早速、 「LightroomCC classic」を立ち上げます。これは、今まで使っていた Lightroomのデザインと機能を持ったLightroom。

もう一つ「Lightroom CC」がインストールしたというか、いつの間にかインストールされていました。iOSも同じ用に使える簡易版というか、次世代の現像ソフト。

これでも十分だのはずですが、やっぱり、昔から馴染んでいて、思い通り現像ができるclassicの方がいい。

将来、iPad Proを購入したら、「Lightroom CC」を本格的に使うつもりですが、当分は「LightroomCC classic」を極めて行くつもりです。

とりあえず、立ち上げると思ったより重い感じがしました。新しい機能がふんだんに盛り込まれたからでしょう。少し残念です。

これから本格的に、そしたら次が欲しくなる

さて、これから福岡で撮った写真やら、その他諸々溜まった写真を現像する日々を過ごすつもりです。

ここまでくると、新しいMacBook ProとIPSディスプレイが欲しくなってしまいます。なかなか、写真というのは金がかかるものです。当たり前か。

写真素材のピクスタ

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。

blogrank
人気ブログランキングへ

Posted from SLPRO Z

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。