Appleがひそかに参画。ロイヤリティフリーの動画圧縮技術の開発を目指す団体「Alliance for Open Media」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

Alliance for Open Media About Us

↑この記事のネタ元です。


Alliance for Open Mediaのウェブサイトによると、Appleは創設メンバーとして、同団体にひっそりと加盟したようだ。

ロイヤリティフリーの動画圧縮技術の開発を目指す団体「Alliance for Open Media」にAppleが密かに創設メンバーとして加盟したようだとの記事が。なぜ、ひっそりなのかよくわかりませんが、Appleが加盟したことは間違いないようです。

同団体が行なっているのは、動画圧縮技術の開発。現在「AOMedia Video 1(AV1)」に取り組んでいます。

スポンサードリンク



この圧縮技術は、動画を保存または、ネットワーク経由で送信する前に圧縮する技術とのこと。あんまりピンときませんが、皆が困っていまスマホのストレージ容量不足や、動画を観るとデータ容量があっという間に無くなる、そんな問題を解決できると謳っています。。

いつもスマホの容量や、データ量を気にしている僕には画期的な技術のようです。128ぐらいでも停滞せずに動画が観られるようになるとほんと助かります。

今回、Appleは将来的に動画配信サービスに本格的に参入するのか、それとも、どこかとタイアップしてiTunes Storeでのコンテンツ販売を充実させていくのか。それは分かりませんが、音楽や映画などのコンテンツ事業をハードとソフトで推し進めていく予感はします。

Alliance for Open Media















↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください