アマゾン「Prime Music」が開始。損して得とれアマゾンの必勝法がここにもあり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

AmazonprimeMUSIC

↑この記事のネタ元です。


「年会費3,900円で無料だよ!」でおなじみのAmazonプライム会員サービスに、音楽ストリーミングサービス「Prime Music」が登場です。

Amazonプライム会員用に「Prime Music」が発表されました。音楽ストリーミングサービスが次々と出ていましたが、Amazonも参戦。動画配信サービスはすでに行っていますので、時間の問題でしたが、いよいよサービスを開始しました。

それにしても「年会費3,900円で無料」は実に魅了的です。いつの間にか、いつの間にか使っていると言う習慣化が起こります。これがAmazonの販売に強力な後押しになるかも知れません。

そのことはAmazon側も強く期待していて、記事にAmazonによる音楽配信サービスの魅力は、CDを買う、MP3をダウンロードする、もしくはPrime Musicでストリーミングするといったように、ユーザーがいろいろな方法で音楽にアクセスできるのがユニークだと語る、Amazonデジタルミュージック部門 バイスプレジデント Steve Boom氏の言葉を取り上げています。

音楽や、映画などのコンテンツを楽しむことを習慣化させ、気に入って、欲しくなったらAmazonに誘導する。これで、他の配信サービスにない、低価格で提供している意味か理解できました。

至れりつくせりのこの戦略はいかにもAmazonらしいですね。そういえば、初めは赤字覚悟で投入して、ユーザーを満足させかき集めてから、じっくり利益を得る成長の仕方はAmazonの伝統です。それを、コンテンツビジネスにも展開したということでしょうか。他の配信サービスがコンテンツ配信で利益を得ようとしているに対して、コンテンツ配信は販売のきっかけとして、他の販売に結びつける。広告ならばGoogleになるが、Amazonはたくさんの商品。Appleは何かな。

こうなればプライム会員にならないなんて、人生の大損かも知れません。なんて、Amazonのまわしもののような言い方ですが、それだけ、魅力的なサービスのてんこ盛りです。

 








↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください