Appleバッテリー劣化での性能抑制機能をオフにする機能を実装予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

↑この記事のネタ元です。


本日、同社のティム・クックCEOが、バッテリーの劣化による性能抑制機能をオフにできる機能を「iOS 11」の次期アップデートで提供する予定であることを明らかにしました。

バッテリー劣化に伴う、機能低下問題に対応して、性能抑制機能をオフに出来る機能を追加するとのことです。

スポンサードリンク



早ければ、3月には正式に発表されるようです。

この機能はAppleとしては、苦肉の策だと思います。これによって、今までなかった不具合、Appleが発表していたように、不用意なシャットダウンなどが起こる可能性があります。

ただ、ユーザーの要求を考えると、出さないわけにはいけませんので、十分な判断して使用することが必要となります。僕は、基本的には使わないでいたいと考えています。











↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。