Appleが車の世界に未来を持ち込むのか。ConceptsiPhoneが「Apple Car」のイメージ公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

↑この記事のネタ元です。


Appleの車開発プロジェクトは「Titan」というコードネームが付けられていると言われており、他社からの引き抜きを中心に1000人以上が車の開発部門で働いているため、プロジェクトは”公然の秘密”状態。

Appleがいよいよ車を開発か

IT業界で奇跡的に成長を見せたAppleの変化が止まりません。全く別の産業である自動車産業に乗り出すことが公然の秘密になっています。電気自動車の製造を本気で計画していわれるAppleをあかすように、ConceptsiPhoneが「Apple Car」のイメージ公開しています。

スポンサードリンク



Appleがテスラから多くの人材を引き抜いて、テスラの開発計画が妨げられているとも伝えているぐらいですので、本当にこの動画通りになるかは、わかりませんが、この動画ぐらい、デザインも性能も高い次元で組み合わされた車がAppleより、発表されるかもしれません。

Appleの全てか

「Apple Car」にはAppleが培ったIT技術がふんだんに盛り込まれるようです。車とパソコンやスマホなんて、接点のない別物だと感じますが、今や、車はコンピュータの塊、全てが制御されて動いています。だから、AppleがMacや、iPhoneのソフトやハードの技術を存分に活用して、素晴らしい車を作り上げる土台はできています。

この動画はあくまでも、Appleが作るであろう車を、勝手に想像したコンセプト的なものですが、iOSやOSXを搭載し、お得意の心地よい使い勝手を搭載した、操作系となるに近いありません。それにしても、痺れるほどかっこいい。こんな車が実際走るのかと思うと、とても興奮してしまいます。まさに、走るMacかiPhone。

一体どんな世界を作るのだろう

Appleか作るのは、一体どんな車になるのでしょう。きっと、ファミリーカーではなく、はじめは高価格のスポーツカーになるはずてす。この動画のような、洗練られて精緻で、真のクリエイターの視線で徹底的に作られたAppleならば作らざるをえない車としての理想を、詰め込んだものとなるはずです。通常の生活で便利に楽しく楽しむものでなく、非日常を与え、特別な空間を得られるものを作るはずです。それでこそ、Appleがわざわざ車を作る意味があります。

とても、楽しみではありますが、僕が手に入れることなんて、絶対かなわない車になることは、まちがいないでしょう。そこし、残念ですが、そうしなければ意味がありません。便利で安い車ならトヨタがあります。

この記事では、発売は2019年〜2020年と伝えています。早いような、まだ先のような。でも、あっという間にきてしまうのでしょう。その時に、僕らの前に現れる「Apple Car」は一体どんな感動を身にまとっているのでしょう。

 









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*