Appleの衝撃は音楽だけじゃない!Newsの意外な可能性。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

  アップル、衝撃は「音楽配信」だけではなかった | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

AppleWWDC2015

アップル、衝撃は「音楽配信」だけではなかった iPhoneに標準搭載される「News」とは?

先ほど行われたWWDC2015のまとめ記事が東洋経済オンライ
ンにて出ていました。

新しく始まる「Apple Music」の、他の音楽配信サービスと
はひと味違うAppleらしい強みを語っています。

「Music」アプリとApple Musicを組み合わせ、さまざまな
音楽に対するニーズを満たそうとしていると伝えています。

Apple Musicを構成する要素には、加入型音楽配信サービスだけでなく、音楽そのものをより深く、簡単に楽しめ、未知の音楽と出会える新鮮な体験が得られる工夫がされている。

その核となるのは、Appleが得意とするユーザーインター
フェイス。

アップルは、”より心地良く音楽を楽しむ”仕掛けやユーザーインターフェイスで勝負をかけようとしているようだ。

電子秘書機能のSiriを使い、音声によるリクエストをさまざまな切り口で行うことができる。単純な楽曲の選択ではなく、曖昧な自然言語で指定できるのだ。

音楽の検索は、今まで育て上げた、「Siri」を使い、誰で
も簡単に音声リクエストが行えるようになります。あまり
使っておらず、今ひとつ使い方をあぐねていたSiriの面目
躍如になりそうです。

好きなアーティストを登録して自動選曲する「For You」でも、アーティスト指定のユーザーインターフェイスに工夫を加えている。選曲基準を決めるパラメーターについては専任のオペレーターが調整を行っていくことを示唆している。

また、アーティストの楽曲の、選曲を決めるのは、なんと、
選任のオペレーターが付くとのこと、つまりは人が選ぶよう
です。

また、配信側のアーティストへの配慮ため、SNS的機能を充実
させ、ファンに対して別アレンジの楽曲やライブ映像を配信、
オーディエンスはメッセージを書き込めるようにする、Apple
MusicのConnect機能として作り直しました。

この記事で特筆されているサービスはもう一つ。

もうひとつ注目すべき発表があった。iOSに標準で加えられる「News」というアプリ

北米においては55を越えるコンテンツパブリッシャーがコンテンツ提供を行うニュースアプリ。Flipboardのような美しいレイアウトで記事を読める上に、ニュースアグリゲーションサービスのようにパーソナライズされたニュースを楽しむことができる。

北米ではかなりの数のコンテンツが集まるようですが、日本
では、まだ未発表とのことです。しかし、これがどうして注目
すべきサービスなのか。記事では理由を以下の通り説明してます。

日本市場で圧倒的な支持を得ているスマートフォンはiPhoneである。このiPhoneに対して、アップル自身がニュース配信を美しいレイアウトで、標準機能として提供するとなれば、多くのユーザーはわざわざサードパーティのアプリをダウンロードせず、そのままアップルの標準サービスを利用する可能性が高いためだ。

ただ、私としては、当面はコンテンツ不足で苦戦するのではと
思います。それに、すでに数々のニュースアプリがありますので、
単にインターフェースがいいだけでは成功にはいたらないので
はないでしょうか。

現に、AppleのMapアプリは、動作が快適で、ユーザーインターフェ
ースもMacやiOSと親和性が高く、使い勝手は素晴らしいのですが、
お粗末な内容からGoogleMapに流れています。

アイデアはいいのに、どうも詰めが甘くて、他のサービスに食われてし
まう。そんな、Appleらしさがこのサービスにも出ないか気になります。
取りあえず、まだ、出ていませんので、Apple好きとしては不安ながら、
期待しつつ待ちたいと思います。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください