Apple Watchは人々の健康管理の基本となるか?Apple Watchの心拍数測定で命を救われる人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





 

Apple Watchtop

Apple Watchの心拍数検知機能で命を救われる人が続々

↑この記事のネタ元です。


Apple Watch向けOSとして2017年9月にリリースされた「watchOS 4」には、Apple Watch Series 1以降で使える新しい心拍数検知機能が追加されています。これは安静時に心拍数が急上昇した場合、通知を送信するという 機能 なのですが、この機能により命の危機を回避することができたという報告がイングランドやインドから挙がっています。

Apple Watchで心拍数が測定できる機能があります。この機能のおかげで、命が助かったと言う記事をよく見かけるようになりました。

心拍数が測定することが、健康状態を確認するため、重要であることがよく分かります。

まあ、僕はまったく関心無かくおまけ程度しか考えていませんでしたが、Apple Watchの重要な機能の一つに違いありません。

<!— 文章途中広告はじめ —>

スポンサードリンク



この記事で紹介されている一人は、静かに本を読んでいたら心拍数の急上昇知らされ、医者に診てもらったところ異常が見つかり、心臓発作の兆候を発見できたとのことです。

はじめはApple Watchの故障と疑ったようなので、普通とまったく変わりの無い状態だったのでしょう。

また、インドではストレスで心拍数が異常に上昇していることがわかり、仕事を中断して休憩をとりました。仕事のストレスを客観的に確認できることはとても素晴らしいことです。

追われて仕事をしていると、いつの間にか体の限界を超えていることはよくあります。そのために、突然倒れたりする人も多い。

Apple Watchで、心拍数を確認し、自分の体の状態を確認することは、健康管理の基本となるかもしれません。

健康ガジェットとして、これからも成長して欲しいApple Watch。そのうち、血圧や血糖値、その他あらゆる体調計測ができるようになるかもしれません。

その時には、僕も思いきって買ってみるつもりです。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。