AppleWatchは百年の重さ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

AppleWatchは百年の重さ。

 Screenshot

とうとうiPhone6とiPhone6Plusが発表されて、
最近はその関連記事ばかり読んでいる。

かたくなに拒んでいた液晶の大型化がされ、
実際の使い勝手がどう変わるのか、早くさわ
ってみたくてしょうがない。

それにAppleではめずらしく、複数のディス
プレイサイズのiPhoneを発表した。ジョブズ
の時代では考えられないこと。

ティム・クック体制になり、本格的に脱ジョブ
ズののろしを上げたのだろうか。

それに、クック体制で初の新製品である「Apple
Watch」が発表された。Appleらしく、単なる
スマートウォッチでなく、デザインや質感にこだ
わりぬいた製品だ。

個人的には、結構いいと思った。実際さわる
まで分からないが、iPhoneとAppleWatchは最高
のパートナーであり、Appleのモバイルライフが
格段に広がると感じた。

今年になって、タグホイヤーの幹部を引き抜い
たり、著名な工学デザイナーを受け入れたり、
バーバリーのCEOをアップルストアの統括責任
者にしたり、移り変わりの激しい、ITやPC業界
とは真逆といえる企業経験者を集めている。

それの、一つの答えがAppleWatchなのだろう
か。それが発端となって、百年も続くブランド
力を得られる、製品やサービスを出していくの
だろう。

来年発表されるAppleWatch。小さな腕時計だ
けど、その期待と価値は、百年がかかっている
重いものだ。

 

 

 

 

 

 




 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

GoogleAdSense広告

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください