快適なメモソフトを探して、Bearを選んでみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




Bear Notes for iPhone iPad and Mac

快適なメモソフトを探して、Bearを選んでみた。

↑この記事のネタ元です。

 

メモの管理はEvernote一択で、有料版にも申し込んでいます。でとなんだかしっくりこない。 昨日は豊富なんですが、そのせいなのか動作が重くてぎこちなくなっています。Mac が本来持つべき快適さを失っているような感じがしてしょうがありません。 そこで、軽くて機敏で快適なメモソフトを探してみることにしました。

スポンサードリンク


快適そうなBearを選ぶ

白羽の矢が当たったのが、「Bear」 メニューとリスト、エディタの三カラムのみのシンプル設計でわかりやすくて、使いやすく、これぞMacの良さを引き出すメモソフトだと感じさせてくれます。 Bearmain まださほど使ってはいませんが、思った通り快適に入力でき、メモの検索や確認も素早く快適にです。これなば、Evernoteの代わりとして今後使ってみてもいいかもと思います。

Bearの使い方

基本的な操作は、新規でメモを作る場合左上の検索窓横にあるペン表示をクリックすると、真っ白なエディタが出てきます。 エディタの一番上の行が見出しとして、「H1」タグがつけられています。そこに題名書きます。改行すると、本文がプレーンテキストで入力できます。入力はプレーンテキストなので、軽く早く快適です。思いつきでどんどん書けますので、健忘録やちょっとしたメモなど、走り書きみたいな使い方もできます。

単なるメモだけでなく、じっくりと文書を書き込むにもいいソフトです。書くためには余計なものをなくし、ひたすら書くことだけに集中することが大切です。Bearはカラム表示を選択できますので、文章を書くことに集中したいのなら、エディタのみ表示を選択し、全画面表示にすれば、他は見えなくなり書くとこだけに意識を向けられます。

Bearca Bearedter

これは、物書きにはとても嬉しい機能です。(僕が物書きかどうかは別として)

マークダウン記述や文字装飾も

Bearmarkd

また、単に書くだけでなく、マークダウン記述やチェック、リスト、文字装飾などが選択できるメニューがあります。エディタ画面の右下にうっすらとペンが表示されています。そこをクリックするとメニューが出てきます。 メニューないの記述を選択して、文章内に反映させます。

これで、ブログなど書く場合、マークダウン記述したコンテンツを作成できるので、後の手間が減ります。 Bearで全て完結できればとても助かるのですが、リンクやらCSSやらで作っているので、僕の場合は全てとはなりません。全て使えるようにするためには、少し工夫してみる必要があります。なお、いちいち選択しなくても、ショートカットで記述できますから、ハードに使いたい方は覚えた方がより快適になるはずです。

管理はタグで

はじめに戸惑ったのが、メモを分類するとき。フォルダをカラムに作るのかと思いいじってみたけど、どうもできそうもない。他の人の説明サイトを読んでみると、どうも、管理はタグで行うようす。 メモの中に(#〇〇)と書くと、メニューの欄にそれが反映されます。 正直、タグはあまり使わないので、フォルダ別けの方がしっくりくるのですが、これは使い方に慣れるしかなさそうです。 BearはiPadやiPhoneでも使えます。それぞれ無料のアプリとしてダウンロードできるようになっています。

みんな一緒ならサブスクリプション

ただ、Macとそれらを同期させるためには、有料版「Bear Pro」に登録しなくてはいけません。同期できないとこれは致命的に使えません。無料で使い勝手を試してからとも考えたのですが、いつでもどこでも同じ内容が確認できないとメモの意味がないので、Proに登録しました。

ITunesbear

Baer Connecting

サブスクリプションの金額は。

  • 一ヶ月 150円
  • 一年 1500円

となっています。さほど法外な値段でもないので、お試しとして一ヶ月を申し込みました。今後、このソフトが手放せないと実感したら、一年に変更するつもりです。 サブスクリプションで支払いをすると、同期以外にもいろんなことができます。

  • 同期(iOSとMacのソフト)
  • 多種類エクスポート(「PDF」「HTML」「DOCX」「JPG」形式)
  • 詳細な検索

個人的には同期以外はあまり使い道がないのが正直なところです。でも、同期一択でも十分元が取れるので、後悔はありません。ただ、これからメモが多くなれば検索機能は重宝しそうです。

Evernoteの一日の長

文書を書く、見る。そのことは今のところEvernoteより好感を持っています。とても、シンプルで、素早い入力が快適にでき、Macのメモはこうでなこればと喜んでいます。 ただ、Evernoteは長年培った分だけ一日の長があります。

特に、他のソフトとの連携や、ウィジットなどで入力をサポートされています。 いろんなアプリは必ずEvernoteと連携し、データを飛ばせるようになっていますし、Macのメニューバーには入力用に常時アイコンが表示されています。また、プラウザにはキャプチャー用ウィジットが用意されています。 あらゆる情報を収集して、一元管理するにはとても便利です。全てはBearのみで情報管理できないかもしれませんので、それぞれいいところを活かしつつ、当分は二刀流でやっていくつもりです。

色々悩むご時世

それにしても、これだけメモ管理環境が充実してしまうと、紙のメモや手帳の立場がなくなってしまいます。ほぼ日手帳やモレスキンノートも使っていますが、そちらもどんな使い方するのか一考が必要になりました。やめてしまうと手っ取り早いのですが、万年筆で手書きの味も捨てたくないんですよね。贅沢な話ですし、何事も決められない優柔不断な性格を露呈してしまいました。便利なものが増えるのはいいのですが、人生がまた悩み多く深くなってしまいました。

「Bear」http://www.bear-writer.com



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。