iPhone

iPhoneがガラスの装いで2017年に華麗にデビューするかも。




 
IMG 1874

↑この記事のネタ元です。

 

2017年のiPhoneは、アルミの代わりにガラス製の筐体を採用するという。

2017年のiPhoneは、現在のアルミ筐体から、iPhone4sの様なガラスを主体とした筐体に変更するかもしれないとの記事がありました。

続きを読む

格安シムのIIJmioを1ヶ月フルに使った金額



 


格安シムのIIJmioを1ヶ月フルに使った金額

今、iPhone6に格安シムのIIJmioを挿して使っています。フルに1ヶ月使っての通信料が出ましたので、ご報告。

続きを読む

iPhone7には専用のキーボードが用意されるかも。それにしても、同じデザインを当分踏襲するのかなぁ






 

↑この記事のネタ元です。


今年の3月に画像が流出したiPhone 7とiPhone 7 Plus。その発売と同時にSmart Keyboardを発売する可能性が高い

もうそろそろiPhone7の噂が流れてきました。今度のiPhoneは、iPadで使用された周辺機器が、iPhone専用として同時発売されるかもしれません。

続きを読む

ブルーライトを軽減して、睡眠の質をよくする「Night Shift」って本当にいいの?






 

Night Shift

↑この記事のネタ元です。


AppleのNight ShiftやAndroid Nのナイトモードなどの新機能は、よりよい睡眠を助けてくれるのでしょうか? これらの機能さえ使えば、寝る前にベッドでスマホやタブレットを使ってもいいのでしょうか?

iPhoneがオレンジに優しくひかる

新しいiOSのiOS9.3からブルーライトを減らして、メラトニンの生産を少なくして、眠りやすくする「Night Shift」が機能追加されました。

僕のiPhoneも夜7時になると、暖色系のオレンジ色に変わります。実際効果があるかはよくわからないですが、刺激のすくない色合いは、とても目に優しく疲れにくく感じます。時折、昼間でもこのモードに変えて、長文のにュースや、資料を読んだりしています。

続きを読む

朝日新聞が合成音声で新聞記事を毎日配信。「アルキキ」





 

Arukkt

↑この記事のネタ元です。

 

朝日新聞社は2016年4月6日、新聞記事を読み上げて音声として「聞く」ことができるスマートフォン向けアプリ「アルキキ」の提供を開始したと発表した。

朝日新聞がニュース配信

朝日新聞が新聞記事を音声で聞けるアプリの提供を開始しました。アプリ名は「アルキキ」。iOSとAndroidで提供します。

続きを読む

容量少ない人には朗報。小さいし、とっても安いiOS用SDリーダー「Dash-i」






 

Dashi

↑この記事のネタ元です。


このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Dash-i」は、それを実現できるガジェット。ライトニングポートに差し込めるマイクロSDカードリーダーだ。

増量できるのはいいこと

Android端末は、後からSDカードをさして容量を増量できます。同僚が最近Android端末を購入しましたが、128GBのSDカードをさして増量しています。潔いiOS端末はこれができません。そんなもんは必要ないと言ってはみるものの、やっぱり、いざという時に容量を増量できるのはとても便利です。

続きを読む

スマホ中毒の救世主か。強制的にアプリを使えないようにする「Flipd」






 

Flipd

↑この記事のネタ元です。


そんな人 向けに展開されているのが、スマホを遠ざけるためのアプリ「Flipd」。SNSやゲームなどにロックをかけて一時的に使えなくなるようにするというものだ。Android版が先行していたが、このほどiOS版もリリースされた。

中毒者

正直、僕は自分でもスマホ中毒だと思います。少し間が空くとiPhoneを取り出して、ニュースやメールなどを見ています。別に急いで見る必要もないし、それで、知識が身につくわけではないのに、ついつい暇つぶしとしてスマホをいじっています。

続きを読む

香港版iPhoneSEを仮予約すると10%引きに今ならなる!






 

IPhonese

↑この記事のネタ元です。


そして、iPhone SEを仮注文した人には、商品発送時に10ドル(約1130円)の割引をしてくれます。1130円って、ほんのわずかな金額ですけど、嬉しいものです。

手になじむiPhoneSEをどこで買う

 
手になじむ大きさのiPhoneSEを待ち望んでいた人も多いはず。それに、価格も手頃で他のiPhoneよりも、購入しやすい。高いSIMフリー版でも、比較的手頃な価格で手に入れることができます。
続きを読む

無痛で血液検査それをiPhone一つで。家庭用簡易血液診断キット「Cor」






 

↑この記事のネタ元です。


痛みのない採血キットを用いて、定期的に自宅で血液検査ができる製品がNeuonが開発する「Cor」です。病院に行かずに、血液の状態を細かく分析し、さらにそのデータを元に生活習慣を改善するアドバイスもくれる。そんなサービスが米国で始まります。

健康な人にはあまり関心はないと思いますが、持病を持っている人にはとても重宝する装置です。特に、糖尿病などの血液にで症状を判断する病気の人には、痛くもなく、病院に行くこともなく、検査ができて、その結果を記録できる「Cor」はまさに夢のような機器です。

続きを読む