Apple

来年もApple製品の発売予想。やっぱり来年もAppleは僕を妄想に駆り立てる。






 
MacBookProbodll

↑この記事のネタ元です。


ベゼルレスディスプレイになることに合わせてホームボタンが廃止され、Face IDが採用されるとも噂されているので、既存のiPadのデザインとは大きく異なるモデルになりそうですね。

今年に発売されるかも?と予想される製品を紹介していました。その中で、一番そそられたのが、新型のiPad。iPhoneXのデザインを受け継いで、ベゼルレスの大画面。想像しただけで、カッコ良さそう。

スポンサードリンク



続きを読む

日本のバッテリー交換も安くなる。iPhone機能低下問題にApple対応。






 
IMG 2490

↑この記事のネタ元です。


、日本でも「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」と題したウェブページを公開するとともに、保証対象外のiPhoneのバッテリ交換を8800円から3200円にするとし、5600円の減額を発表した。

iPhoneのバッテリー問題は予想以上の広がりを見ています。この問題のことについて、前にブログを書いたのですが、その時は、気楽にこんな記事を書きました。

一年後にiPhoneの性能が落ちる!?いやいや、だからこそ安心して古いiPhoneが買えるのです。

スポンサードリンク



続きを読む

来年はiPhoneが値下げされる。そんな噂に惑わされ。






 

IPhone Appledwn

↑この記事のネタ元です。


さらに2018年にはiPhone Xライクな全画面モデルでバッテリー容量増の新iPhoneの登場が予想されているのですが、それに前後して、AppleがiPhoneの価格調整を行うといううわさが上がっています。

来年、新iPhoneが出たらAppleがiPhoneの価格を下げるかもしれません。

スポンサードリンク



続きを読む

iMac Proは存分に性能を発揮できる人のもとへ。

iMac Pro ベンチマーク:やはりとんでもないスコアを叩き出す。Mac Pro敗北 | ギズモード・ジャパン

8コアのXeonプロセッサを搭載した、最小構成のいわば「梅モデル」。それでもシングルコアで5021、マルチコアで30900というスコアが計測されました。

Mac Proよりも断然速い。

それが証明されたiMac Pro。無駄のない精悍な面構えに、強力な力。やはり、プロのためのMacです。

スポンサードリンク

続きを読む

未来はユニバーサルアプリになる!かも?Apple提供を計画中






 

Transparent 1911160 1280

↑この記事のネタ元です。


AppleはiPhone・iPad・Macで提供するアプリケーションをユニバーサルアプリ化することを計画しているとBloombergが報じています。


これからはユニバーサル

iPhoneでも、macでも同じアプリが使えるのは便利か否か。使えるにしても、単純な仕様のアプリに限られるかもしれません。テキストエディターや、手書きイラスト、メーラーなんかは、基本的な機能はmacOSでも、iOSでも大差ありませんから、十分可能でしょう。

ユニバーサルアプリで得するのは、ユーザーよりも開発者の方みたいで、一つ作成するとmacにもiPhone、iPadにも使えます。作成する手間が格段に減りますし、販路も拡大します。

スポンサードリンク



続きを読む

一年後にiPhoneの性能が落ちる!?いやいや、だからこそ安心して古いiPhoneが買えるのです。






 

IPhone 6s Plus 128GB

↑この記事のネタ元です。


Appleが正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。これは「最高のユーザー体験を提供するため」だとAppleは述べています。

古いiPhoneの電力消費を瞬間的に緩和して、ピーク性能を落す機能が盛り込まれていると指摘されたAppleが、それを正式に認めました。

理由としては、バッテリーの劣化が原因での、予期せぬシャットダウンを回避や、バッテリーの寿命を延長するためだとのことです。

スポンサードリンク



続きを読む

いよいよ待望のMac Proが出るのか!?Apple モジュラー方式でアップグレード可能の新Mac Proを開発中






 

Mac Pro Apple

↑この記事のネタ元です。


「デザインが完全刷新されモジュラー方式でアップグレード可能な新型Mac Proと、ハイエンド向け新型ディスプレイが開発中である」と明言しています。


新たなMac Pro

iMacProが発売されて、次はいよいよ待望のMac Proのようです。現在、デザインが刷新され、モジュラー方式でアップグレード可能な新型を再発中とのことです。

スポンサードリンク




続きを読む

ウィルスソフトの更新が切れたので、イーセットウィルスソフト月額サービスに申し込んだ!






 

ESET2 

ウィルスソフトの更新が切れたので、イーセットウィルスソフト月額サービスに申し込んだ!


更新が切れた


出張中に気がついたのですが、ウィルスソフトの有効期限が切れていました。出張が終わるまで、そのままにしておこうと思っていたのですが、今の時代、ウィルス対策をそのままにしておくのは、危ない。

そこで、ブロードバンドルーターを使って、更新手続きをすることにしました。


「月額サービス」

使用しているソフトは、「ESET ファミリーセキュリティまるごと安心パックの3年契約」。そのまま更新するつもりでしたが、更新金額が税抜き13,000円と、けっこうな金額。一括で支払うのは少々辛い。

悩んでいると、「月額サービス」というバーナーに目がとまりました。

スポンサードリンク



続きを読む

iMacProの価格が判明。百万超えの性能やいかに。






 

IMac Pro2918

↑この記事のネタ元です。


米Appleは12月14日、クリエイター向けのハイエンドデスクトップ「iMac Pro」を日本を含む各国で発売した。価格は税別で55万8800円から。プロセッサやメモリを上限スペックにすると、税別で147万6600円に上る。

iMacProが発売されて、気になるお値段ですが、最低仕様で55万8800円もちろん税別。そして、最も高い仕様でなんと、というか、やっぱり、147万6600円税別となります。

スポンサードリンク



続きを読む

満足以上の内容を詰め込んだ!iMacProが12割14日発売






IMac Pro Apple

 

↑この記事のネタ元です。


Appleは米国時間12月12日にウェブサイトを更新し、発売日が12月14日であることを明らかにした。
iMac Proは、非常に高速かつ強力な処理能力を必要とするプロフェッショナルをターゲットとしている。

やっと出た!

とうとうiMacProが発売されます!

米国時間12月12日にAppleサイトを更新し、発売日は米国12月14日であることを発表しました。

開発の動機をApple語っています。iMacはプロに愛用されており、ものすごいiMacを作って欲しいとの要望があった。そのことで、モチベーションが上がり、「ものすごい」をはるかに超えたiMacを作成したとのことです。

スポンサードリンク



続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...