Camera

やっぱり基本は単焦点。レンズで写真の腕は決まる。






 
kumamoto2015-153

↑この記事のネタ元です。


shioゼミ学生は基本的に明るい単焦点レンズ(ズームしないレンズ)で写真を始めます。彼女のように「50mmF1.8」あるいは「50mmF1.4」あたりがいい。まずひとつの単焦点レンズ(画角)で10,000枚。明るさのメリットと画角の作画センスを身につけながら、その画角による絵作りに習熟していく。

カメラの本体よりも、レンズ如何で写真の質が変わります。これは写真好きの間では常識で、少し前の機種や、一段下の機種を買って、その分、いいレンズを買ったほうがいい、と、写真家がよく言います。

続きを読む

カールツァイスがiPhone用の外付けカメラレンズを今春に発売!改めてiPhoneのカメラとしての影響力を実感

 

5adc263c s

↑この記事のネタ元です。


Carl Zeiss(以下、カールツァイス)がiPhone用の外付けカメラレンズ「ExoLens with optics by ZEISS」を2016年第2四半期(4〜6月)の後半に発売すると発表しています。外付けカメラレンズはiPhone用の拡張レンズキット「ExoLens」を展開するFellowesと提携し、ExoLensで利用できるというもの。

カメラとしてのiPhone

iPhoneがあれば普通に撮影する分には、カメラは必要なく、カメラを持つならフル素子搭載の、超高性能カメラでないと意味がない。そんなことをボッドキャストで言っていました。それほど、iPhoneのカメラ性能は成長しています。それに、本来、iPhoneは携帯電話なので、常に持ち歩いています。わざわざ持ち歩くことを意識しなくても、写したい時には手の中にあることは、携帯性に富んでいます。

続きを読む