Diary

誰にも見えず、気にしてもらえず、それでも自然と湧いてくる欲望。二つの性をこれからも。



誰にも見えず、気にしてもらえず、それでも自然と湧いてくる欲望。二つの性をこれからも。

賞賛とは遠くとも

頭で考えたら一円にもならないし、世界中のたった一人からも賞賛の声が聞こえないのに、つい、やってしまうことがあります。

本能というのでしょうか。習性というのでしょうか。頭で考えて時間も資産も無駄であると結論付けているのに、行うことがある。

それが、僕にとっては写真を撮ることと、文章を書くことです。

書くことも、撮ることも気がついたら無性にしたくなってしまう。このブログも数日間書かないと、気持ちが落ち着かない。もちろん、たくさんの人が読んでくれるわけでもないし、固定の読者がいるわけでもない。たぶん。

それでも、書かないわけには行かなくなってしまいます。

スポンサードリンク



続きを読む

買わないと思っていたのに来年の手帳を買ってしまった話。



買わないと思っていたのに来年の手帳を買ってしまった話。

前にも書いたのですが、iPhoneやMac、iPadでスケジュール管理をしているので、来年こそは紙の手帳からは卒業しようと思っていました。

毎年、年末になると意気揚々と手帳を買うのですが、iPhoneやMacでのスケジュール管理が、便利で効率よく、一ヶ月も経たないうちに使わなくなってしまいます。

よほどの理由がなければ、電子でのスケジュール管理でなんら支障がありません。が、やっぱり今年も手を出してしまいました。

スポンサードリンク



続きを読む

来年こそ手帳は買いません!その行方



来年こそ手帳は買いません!その決意の行方

今年心に決めたことがある。来年こそ手帳を買わない!紙の手帳から撤退して、iPhoneやiPad、Macのカレンダーやエバーノートでスケジュール管理を来年こそするのです。

毎年毎年手帳を買っていたのに、途中で書くのが面倒になって最後まで使い切ったことがありません。

これでは本当にもったいない。

スポンサードリンク



でも、この時期になり、書店や文具店に数限りない手帳が並ぶと、ついつい手に取ってしげしげ見つめてしまいます。

いつの間にか、今年は日記帳代わりにたっぷり書ける手帳がいいか、はたまたいつもポケットに入れて、見返すことが出来る小型の手帳がいいのか、真剣に考えています。

この調子だと、来年こそ手帳は買わないという、固い決意が崩れてしまいそうで、恐ろしくてしかたがありません。

数千円もする手帳にお金を投資して、それを無駄金としてどれほど捨てたやら、自分の浅はかさに幻滅しているのに、まだ、買おうと言うのですから、情けない限りです。

そんな折、iPadで雑誌を読めるようにしているのですが、その中の1冊(それが正しい表現なのか分からないのですが)にPenがあります。

その特集がなんと、手書きの良さなのです。もちろん熟読してしまいました。どれほど、悪筆で漢字を失念していても、手書きという魅惑的な行為を、体感を愛しているのです。

ただ、面倒で、過去の苦い経験が自分を縛っているため、手書きという行為には憧れと憎悪織り交ぜた感情を呼び起こしてしまうのです。

それは、愛憎入り交じる人の世の感情の発露。甘美て退廃的で、自虐的な生命の証。だって、そうでしょう、誰だって虐げられた経験は甘美な憧れを生み出します。

そんな戯言に自分を浸しながら、うっすらと手書きの恍惚を思い出し、それならば、それならば、手帳というのはその権化ではないか。そう、思ったのです。

これでは、このままでは、来年も無駄な欲望を排出し、手帳という無価値なものを、購入してしまうかもしれません。

いったい、僕はどうしたらいいのでしょう。







↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

何をするよりも、どこでするが重要では無いかなと考えた。



新しく出たiPhoneXSとXS Max。とても気持ちがそそられます。お金になにも不自由が無ければ、今この瞬間にAppleのサイトに行って、注文していることでしょう。

でも、そんな冒険は犯すことが出来ず、心の中で指をくわえて、親指シフトでMacのキーを叩いています。そう言えば、MacBookProももうそろそろ新しくしたいなあ。なんて、ことも思いつつ。

スポンサードリンク



続きを読む

貯まった写真をGooglephotoに移しつつ、子供の記録が一番かなと想う。



写真を撮るのがとても好きです。

写真が趣味というのでしょうか。意味も無く写真を撮っています。手にカメラがあって、目の前に何かがあると、必然的にシャッターを切っています。

必然、どんどん写真が貯まっていて、保管用のハードディスクも2台目に達してしまいました。

スポンサードリンク



続きを読む

時には銭湯に行くのもいいもんだ。



時には銭湯に行くのはいいことです。

昨日、仕事であんまり疲れたので、近くのスーパー銭湯に行ってきました。正直、疲れ切っていたので、渋々行ってきたのですが、体を洗っていろんな風呂に入っていると、体の疲れが、すっかり抜けて身も心も軽くなりました。

好きなのは、ジェットパス。勢いのあるジェットが体中をマッサージしてくれて、気持ちが良すぎ。

スポンサードリンク



続きを読む

あんまり不便だったので長財布を止めて、二つ折りの財布に。



今まで長財布を使っていましたが、不便で仕方が無く、最近二つ折りの財布にしました。

ポケットに収まるので、とても便利で早くこれにすれば良かったと思っています。

不便なのに長財布にしたのは、恥ずかしながら自己啓発本に影響を受けたからです。一時期、金持ちは長財布を使っているというのが、まことしやかに噂され、本も出て、それに、感化されたわけです。

スポンサードリンク



続きを読む

休日は責任のない自由な時間。だから、不自由に自分を押す



本当に久しぶりにゆっくりと休日を楽しんでいます。

お盆で仕事を休み、おまけに家族は帰省しています。そう、僕一人。こんなに、自由で気楽な休日は、久しぶりです。誰からも必要されていない、自分だけの時間。気兼ねをする必要の無い時間。

人間は社会的動物と言われていますが、非社会的この時間が実に心地よくて、たまりません。つくづく僕という人間は、社会生活とは相性が悪いと残念ながら思ってしまいます。

スポンサードリンク



続きを読む

本を読む楽しみはこれからも。



本を読む楽しみはこれからも。

久しぶりに紙の本でも買おうかなと思い立ち、ブックオフで100円の文庫本を買いました。

買ったのは、前々から気になっていた「夜のピクニック」恩田陸氏の作品です。

買ったのですが、あんまり真面目に読んではおらず、ブログを書いたり、動画を観たりする合間に、ちょいちょい読み進めています。

スポンサードリンク



続きを読む

「村上RADIO」を聴いて。感想雑記



「村上RADIO」を聴いて。感想雑記

前に紹介した「村上RADIO」を聴いたので、その感想を書いて行きます。自分の雑記みたいなものなので、荒削りな文章とはなっています。

村上春樹氏の肉声は思ったよりも、低音で、朴訥に話。物事をしっかり受け止め、熟考しながら話す人でした。こんな機会は、めったにありませんので、人生得した気がします。

さて、それでは放送の中で僕が感じたことを、いろいろ書いてみます。

スポンサードリンク



続きを読む