映画批評

湯浅監督の「マインドゲーム」を観た!驚いた!感動した!



湯浅監督の「マインドゲーム」を観た!驚いた!感動した!

湯浅政明監督の「マインドゲーム」がとても評判が良くて、前から気になっていました。あの、ライムスターの宇多丸氏が絶賛していたので、アニメ好きとしては一度は観なくてはと前々から思っていました。

最近ようやく観ることが出来、湯浅監督の才能が冴え渡った名作でした。

つぎつぎ変化する映像の発想が常人の域を超えており、どうしてこんなことを思いつき、形に資することが出来るのが、ほんま、ぶっ倒れるほど感動したんです。

スポンサードリンク



続きを読む

「ブレードランナー2049」を三回目観て。何にも無い人間の何にも無い物語



「ブレードランナー2049」を三回目観て。何にも無い人間の何にも無い物語。

出張中の夜の楽しみは映画を観ることです。

ホテルは定宿の東横イン。ここでは、500円で映画が観ることができるので、今回も支払って観ることにしました。

さて、何を観ようかと登録されている映画を観ていくと、映画館で2回も観たのに、もう一度「ブレードランナー2049」 を観ることにしました。

この映画。かなり賛否両論で、けなす人も多い。それも、映画通とか芸術家肌とか、一言ある人の中でもけっこう厳しい評価をしています。

でも、3回目改めて観て、やっぱり、僕はこの映画好きだなあと、しみじみ感じました。

人がけなしているのに、僕はどうして、ここまでも好きになってしまったのだろう。それを、ネタバレを含みつつ考えてみたいと思います。

スポンサードリンク



続きを読む

「アウトレイジ 最終章」を観て。雑記。



「アウトレイジ 最終章」を観て。雑記。

構図の良さと、編集の旨さで、初めから最後まで魅了された映画でした。

北野武はやっぱり、天才なんだと実感。

スポンサードリンク



続きを読む

素直に楽しめた!ジュラシック・ワールド炎の王国



昨日、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を観てきました。

正当に面白い映画でした。息つく暇も無いほどの、アクションシーンが続きます。でも、これって、絶対主人公やその周辺の人は死なないなあと、とても安心して観ることができました。

よく出来た、ジェットコースターに乗っている。そんな、映画でした。

スポンサードリンク



続きを読む

心が分からないこそ、物語が深くなる「万引き家族」感想日記



かなり前に観たのでそろそろ感想を書かなくてはと思うので「万引き家族」の感想を書いてみたいと思います。

是枝裕和監督は好きな監督なので、安心して観ることができました。最近では珍しく監督の名前で観ることか出来る監督です。

役者の演技を引き出すことで有名な是枝裕和監督。今回も演者は素晴らしい演技をしていました。

スポンサードリンク



続きを読む

是枝裕和監督の『万引き家族』がパルムドール賞受賞!日本映画の美点を撮り続ける。





 

Manbiki

↑この記事のネタ元です。

是枝裕和監督の最新作『万引き家族』が、『第71回カンヌ国際映画祭』がパルムドールを受賞。日本映画としては21年ぶりの快挙となった。

是枝裕和監督かカンヌ国際映画際でパルムドール賞を受賞しました。

監督の映画はとても素晴らしく、日本いまや数少なくなった名前で映画を観に行く気にさせてくれる監督の一人です。

スポンサードリンク



続きを読む

「BABY DRIVER ベイビー・ドライバー」を観た感想。

Babydr

最近書いていないのでもうそろそろ書かなくてはと、焦った気持ちでMacのキーを売っています。こんなこっちゃいけないのだとは思うのですが、このままズルズル書かなくなってしまいそうなので、見切り発車で書いてみます。

書くのは、この間観た映画「ベイビー・ドライバー」もちろん、ロードショーは終わっているので、DVDで観ました。

続きを読む

今回のバイオレットエバーガーデンは凄かった。






 

今回のバイオレットエバーガーデンは凄かった。

手放しで素晴らしいとは言えない作品だった。だけど、今回は打ちのめされた。たかが、20分ぐらいの作品なのに、2時間の映画を堪能した感じだった。

このアニメを作った京都アニメーションの、覚悟と決意、それに圧倒的な自分たちの自信を感じる。

このように、愛情を徹して肯定する作品は最近少なくなった。それは、アニメだけでなく、映画でも小説でも。

スポンサードリンク



続きを読む

シェイプオブウォーターを観たんだけど。感想色々と。






 
Shapeofwater

シェイプオブウォーターを観たんだけど。感想色々と。

シェイプオブウォーターを観た

シェイプ オブ ウォーターを観てきました。大好きなギルレモ・デルトモ監督の作品ですから、観ないわけいけません。

監督の最高傑作との評価で、アカデミー賞も受賞した作品です。

でも、とても期待して観に行ったのですが、結果、あんまり感情移入できないまま、乗り切れないまま。いつの間にか終わってしまいました。

作品がまったく駄目って訳でなくて、冷静に見ると、素晴らしいところばかりです。

スポンサードリンク



続きを読む

「DEVILMAN crybaby」の想いをつらつら書いてみました。






 

↑この記事のネタ元です。


噂のNetflixオリジナル作品である湯浅政明監督によるデビルマンをやっとみました。なるほど、これは快作。と同時に今のアニメのひとつの到達点だと思いました。

この作品の評価は、とても難しいと思います。圧倒的に凄い作品と、手放しに言い切れなんところが、僕にはあります。

もっと、別の表現方法があったのでは、濃密な演出があったのでは、なんて、つまらないことが頭の中をよぎります。でも、そんなことを言いながら、(この場合は書きながらか?)完全に魅了されている自分もいる。

スポンサードリンク



続きを読む