映画批評

ブレードランナーのはじまりの短編アニメ作品を「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が監督






 

Bl2017

↑この記事のネタ元です。


「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎監督の手によって短編アニメ化されることが発表されていた、「ブレードランナー 2049」の前日譚「ブレードランナー ブラックアウト 2022」が全世界に先駆け、日本でお披露目されました。

とうとうブレードランナーの新作が公開されます。リアルタイムで一作目を観たときにはなんだかよく分からないし、スターウォーズみたいにハリソン・フォードがかっこよくないし、がったりしたことを覚えています。でも、映像の吸い込まれるような妖艶で暗い雰囲気には、とても引きつけられ、なんだか心に引っかかる作品だなと、感じました。

それから、あれよあれよという間に、カリスマ的な人気が出て、SFの枠を超えた歴史的な名作として認められました。あんまり評価がいいので、最近見返しました。結構面白かったので、大人になって見え方が違ったのでしょう。同じ映画でも、年齢や時期で見直す必要があると思いました。

スポンサードリンク



続きを読む

何かの呪いか、エイリアン・コヴェナントをプロメテウス同様、吹き替え版で見る。






 

何かの呪いか、エイリアン・コヴェナントをプロメテウス同様、吹き替え版で見る。

何かの呪いがあるのでしょうか。前作の「プロメテウス」を吹き替え版で見て、心底がっかりし、今度こそは字幕版で見るぞと決心していました。

あ〜運命のいたずらは僕を翻弄し、「エイリアン・コヴェナント」そう、後日談であるこの作品も吹き替え版で見てしまったのです。

どうしても、見たくなったら止まらないのが、堪え性のない僕の悪癖。なんとか上映されている映画館はないかと、それも、レイトショーでお安く。検索すると、あった。しかしそれは吹き替え版。

スポンサードリンク



続きを読む

ダンケルクを見た感想。上手く書けないので最後には破滅。






 

Dankl

もう一回観よう「ダンケルク」

クリストファー・ノーラン監督作品の「ダンケルク」を観てきました。

結果としてとても面白くて、夢中になって観ていました。久しぶりに映画館で映画を観て、とても満足した作品でした。

見る前は少し不安でした。ノーラン監督の作品は正直肌が合わず、今まで、映画館でみた時、満足いくものが少なかった。なんだか、とても頭のいい人が知性で撮ったそんな感じがして、映画としての面白みが欠けるような気がしていたのです。

スポンサードリンク



続きを読む

大昔のアニメ「銀河英雄伝説」が予想以上に面白い。それが今度新しく作られるようです。






 

Gingaeiyuu

↑この記事のネタ元です。


この間からdアニメで「銀河英雄伝説」を見始めたら、もう、はまってしまって困ってしまっています。

iPadにどんどんダウンロードして、暇が出来れば見続けている状態です。残り少ない貴重な時間を、こんなことで浪費していいわけはないのですが、あんまりにも素晴らしくて、1話見た後すぐ次を見たくなり止められません。

今まで噂では聞いていたのですが、直球過ぎる題名がなんともこそばゆく、また、軍服のデザインにセンスを感じられず、敬遠していました。

スポンサードリンク



続きを読む

ニール・ブロムカンプ監督が無料でSFホラー短編「Zygote」を公開している。映像作品の新たな方向。






 

↑この記事のネタ元です。


「第9地区」などの作品で知られるニール・ブロムカンプ監督が実験的短編映像をYouTubeとSteamで無料公開して続編が見たければ購入してもらう「Oats Studios Volume 1」というプロジェクトを2017年6月から行っています。その最新作として、クリーチャーに襲われた閉鎖空間を舞台にした「Zygote」が公開されました。主演はダコタ・ファニング。ややグロテスクな表現も出てくるので、閲覧時は注意してください。なお、日本語字幕も用意されています。

「第9地区」からあまりぱっとしないニール・ブロムカンプ監督ですが、若いだけあって、いろいろと上映の場を模索しています。

現在彼は、「Oats Studios Volume 1」プロジェクトを行っています。短編映像を無料で公開し、続きが見たければ購入してもらう、実験的な映像配信サービスです。

今回、最新作の「Zygote」が公開されました。

続きを読む

映画の日だから「メッセージ」を観てきました。






 

Message2017

映画の日だから「メッセージ」を観てきました。

今日は映画の日だったので、久しぶりに映画館で映画を観て来ました。やっぱり、映画館で見る映画はいいですね。今度から時々観に行きたいなと思いました。

さて、観た映画は「メッセージ」久しぶりに本格的な大人のSF映画です。SF好きとしては絶対外せない作品です。それに、監督も最近お気に入りのカナダ人監督ドゥニ・ヴィルヌーブ。期待満々で観たのでした。

スポンサードリンク



続きを読む

Netflixで福福荘の福ちゃんを観た。

最近は時間があればNetflixやAmazonなど動画配信サービスを楽しんでいます。もう、病気です。次々おもしろいものが配信されるので、止まりません。

この間は前から観たかった福福荘の福ちゃんが配信されていたので、早速観てしまいました。

スポンサードリンク

続きを読む

もののあわれがわかる日本人だからこそ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」は観るべき!







もののあわれがわかる日本人だからこそ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」は観るべき!

やっと、観た!

この間借りた「ローグ・ワン/スター・ウォーズ ・ストーリー」を観ました。今までスターウォーズは観てきましたが、今ひとつ心惹かれることがありませんでした。でも、なんだかいつも見ちゃうんですよね。スターウォーズマジックというところでしょうか。

でも、このローグ・ワンは最高に楽しめました。素直に、一番面白かったスターウォーズシリーズです。

スポンサードリンク



続きを読む

「シン・ゴジラ」の撮影時,一体何が起こったのか。庵野と樋口両監督の適材適所から生まれたもの。






 

↑この記事のネタ元です。


庵野は意識的にスタッフとの間に緊張関係を作り出していたのだ。そしてそのために庵野はつらい状況に置かれることにもなった。

この間本当に数年ぶりに紅白歌合戦を家族で見た。その中で、寸劇として「シン・ゴジラ」を取り扱っていた。映画で出ている俳優がそのまま登場して、同じ服装に、同じ口調のセリフ、映画と限りなく同じ演出をしていて、とても感心した。

だけど、なんだか物足りなさを感じた。精一杯、映画の雰囲気を再現しようと、演技してはいるけど、あの映画が持っていた、雪さしならない、現実味が希薄だった。

スポンサードリンク



続きを読む

「君の名は」がアニメ映画賞の栄誉。でも、アニメの終焉は近いかも?







快進撃の「君の名は」海外でも勢いは止まらず。ロサンゼルスでアニメ映画受賞!

http://netafull.net/movie/054298.html

引用元:[N] 「君の名は。」ロサンゼルス映画批評家協会賞でアニメ映画賞を受賞

引用元:[N] 「君の名は。」ロサンゼルス映画批評家協会賞でアニメ映画賞を受賞

海外でも

観なきゃなと思いつつ、まだ観られてない「君の名は」その評判は日本を越えて、海外でも鳴り響いている。

スポンサードリンク



続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...