News

車嫌いは自動運転の夢を見るか?はたまた運転サポートを望むのか。






車の運転が楽しくなる運転サポートが欲しい。

僕は運転が嫌いです。恥ずかしい話をすると、車をしょっちゅうぶつけて傷だらけにしているから。

大きな事故はないのですが、バックスして車庫入れしている時、狭いところを切り返ししている時、その他諸々、つまらないところでつまらない事故をしています。

どうも、僕と言う人間は、正真正銘、間が抜けた人間なのでしょう。

間が抜けたとは言い得て妙で、いつもは何気なく、問題なく、車を操作しているのに、なにか、そう気もそぞろな状態になったときに、車の大きさや速度、そして周りの環境が頭から抜け落ちてしまいます。

スポンサードリンク



特に、慌てている時なんかは、よく間抜けな状態になっています。

後から考えれば、自分でもこんな事を気がつかなかったのか、どうして、こんな判断をしてしまったのか、不思議で仕方がないのです。

だから、自分にとって車を運転すると言うのは、完全な必要悪。

一度も楽しいと感じたことはなく、仕事や生活故に、仕方なく渋々やらなくてはならない行のようなものです。仕事でもなるべく車の必要のない時には、交通機関を使います。二人で行く時には、なんとかして相手に運転させようと画策しています。

正直、こんな厄介で思うに任せない機械など、世の中から消え失せてくれないかと、願っている次第です。

巷では、自動運転の実用化が近い。なんて、話題で盛り上がっています。運転の醍醐味、楽しさなんて皆無の僕にとっては、早く自動運転が誰でも手に入る世の中にならないかと、日々祈っているのですが、現実的にはかなり難しいでしょう。

誰も責任を取りたがらない、日本の社会制度がそれをなるべく伸ばすようにするでしょうし、できれば、無かったことにしたいはずです。

産業的にも、自動運転が本格的になった場合の、変革を耐えられないかもしれない。それ以上に変化に対応して構造を考え直し、再度構築するために核となる存在が、そう簡単には生まれないはず。犠牲をもろともしない責任を、だれが被ってもで行動するのか、これは日本では一番苦手な行為です。

そんなこんな、外圧によってしか、自動運転が本格的に運用されないでしょう。でも、その時には遅すぎるかもしれません。

日本の今後の産業構造や技術水準は置いておき、僕としてはこんな間の抜けた行為の結果生まれる車の傷をなんとかなくしたい。

そこで、自動運転が望み薄ならば、運転サポートに本腰を入れてくれないかなと思っています。

例えば、車庫入れの時に車の角が当たりそうになると、「あたりますよ。1m前に出て、左何度にハンドルを回し、それからまっすぐにして入れなおしてください。」とか、「前に車が止まっています。このままではぶつかるので、右にハンドルを回して、そうそう、これでいい。そしたらまっすぐにして。」なんて、事細かに指示をしてくれるナビみたいなものが欲しいのです。

そうすれば、思い込みでハンドルを切って、ぶつかるなんてころは無くなりそうです。ついでなら、とってもかわいい声だったら嬉しい。

最近では、バックの時にカーナビディスプレイに、バックの様子が出てきますが、どうしたって人の判断で操作しなくてはなりません。僕なんて、僕自身の判断が信用ならないのだから、見せられたって、ぶつけそうで、いや、ぶつけるでしょう。それなら、細かく指示してくれる運転サポートが欲しくて仕方ないのです。

とにかく、走っている時にはさほど不安はないので、狭い曲がり角とか、車庫入れとか、車との対抗とかに、的確に指示してくれる頼れるサポートが是非とも欲しい。どこか、作ってくれないでしょうか。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

今回の「backspace.fm」は驚きの展開に!あの、有名人にドリキンさんが拉致される!?






 

Latest Episodes backspace fm

今回の「backspace.fm」は驚きの展開に!あの、有名人にドリキンさんが拉致される!?

↑この記事のネタ元です。


B-side #119:緊急特番:拉致覚悟で出かけていったドリキンを待っていたものは?!

いつものように「backspace.fm」を聞いていたら、今日は何やら特別なことを話すとのこと、一体何があったのか、何を話し始めるのか、いつもながら興味を掻き立てる内容で始まりました。

語り始めたドリキンさん。でも、いつもよりなんだか歯切れが悪くて、まどろっこしい。延々と、前振りを語っています。でも、話の雰囲気から、ただ事ではないことはわかります。いつも、話の核心を直角に語る彼らしくない。

スポンサードリンク



続きを読む

愛用の万年筆が書けなくなってしまったので、取り敢えず出来ることからやってみた。






 

IMG 2493

愛用の万年筆がインクが出なくて書けなくなってしまった。とりあえず、できることからやってみた。

愛用の万年筆のインクの出が悪くなって、全く書けなくなってしまいました。長年ろくなメンテナンスもせずに使っていたので、とうとう、ダメになってしまったのかもしれない。

ただ、万年筆をそれなりに、メンテナンスしてもらうと、そこそこの金額になるようですし、さりとて、このまま使えないのは、実に残念。

とりあえず、できるところからやってみることにしました。

スポンサードリンク



続きを読む

長年続けてきた、サザエさんのCMを、東芝が降板






 

↑この記事のネタ元です。


合理化を進める東芝が、日曜のアニメ「サザエさん」のCM提供を終了する方向で調整していることが明らかになりました。

そういえば東芝がえらいことになっているなあと、他人事として受け止めていたら、意外なところでみじかな出来事として、身につまされました。

なんと、約48年続いたサザエさんのCMを、経営再建のため降板する話を進めているようです。

スポンサードリンク



続きを読む

今日、初めてかわるビジネスリュックを背負っている人を見ました!






 

Bnre

かわるビジネスリュックを背負っている人を初めて見た!

今日、初めてかわるビジネスリュックを背負っている人を見ました。

一部では大盛況の、とても有名なリュックですが、身の回りで、ついぞ使っている人なんて見たことがありません。それどころか、知っている人も、僕の周りでは皆無です。

その幻のかわるビジネスリュックを、背負っている人を発見することができたなんて、まさに奇跡を感じました。(何とも壮大な)

スポンサードリンク



続きを読む

Kindle Paperwhiteを守るためにカバーを購入






 

Kindle2

Kindle Paperwhiteを守るためにカバーを購入

昨日、Kindle Paperwhite用のカバーを購入しました。それが、今日届いたので、紹介します。

購入したのは、安い割にAmazonで購入数も高評価も多い、Fintie製Kindle Paperwhiteケースです。

裸のままでは心許なく、とりあえず多少の衝撃から守る事ができればと、手頃な価格で、そこそこの品質、それを基本に探しました。結果、評価もそれなりによく、値段も1580円で手頃。このケースで手を打つことにしました。

スポンサードリンク



続きを読む

「青い池」の美瑛町。観光客は増えたが、宿泊客は減少。気になったので書いて見た。




 

Bireihp

↑この記事のネタ元です。


しかし観光客は増加したものの通過型の観光客が増え、経済効果を生み出す宿泊客数が減少してしまったのです。その裏には一体何があったのでしょう。

今、一番気に入っている写真家ケント白石さん。彼が撮影した「青い池」が僕のマックの中に現れて、繊細で深い色合いに心を掴まれました。後から、日本人で北海道在住と聞き、日本人らしからぬコンセプトが明確な写真を撮れる人だと関心したのを覚えています。

スポンサードリンク



続きを読む

パソコンが国際線の預け入れ手荷物にならなくなる?!米国連邦航空局提案中。






 

Luggage 933487 1280

↑この記事のネタ元です。


このほど米連邦航空局(Federal Aviation Administration)は、国際線の預け入れ手荷物に、スマートフォンよりも大きなサイズの、リチウムイオンバッテリーを装備した電子機器を入れられないようにする提言を検討。

米国連邦航空局が国際線預け入れ手荷物に、スマホより大きいサイズの、リチウムイオンバッテリーを持った、電子機器を入れられないようにする検討をしているようです。

スポンサードリンク



続きを読む

パソコン、タブレット端末、携帯電話の出荷台数は2%増。iPhoneXが牽引。






 

Transparent 1911160 1280

↑この記事のネタ元です。


パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた来年(2018年)の世界出荷台数は、23億5000万台となり、今年の出荷台数から2%増加するという。

米国市場調査会社ガードナーが発表した最新レボートが伝えられています。レポートによると、2018年のパソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた出荷台数が、今年よりも2%増えるとのことです。

スポンサードリンク



続きを読む

イタリアで自動運転ロボットでの宅配テスト。このロボットの名は「Yape」






 

YapeBici light1

↑この記事のネタ元です。


イタリア北部の町クレモナで、自動運転ロボットによる配送サーヴィスのテストが始まった。障害を避けながら歴史的中心地区を走行し、最大70kgの荷物を配達することができる。

イタリアがというのがちょっと意外だったので、つい目がとまりました。イタリアにとっては失礼なことですが、このような自動運転ロボットといえば、アメリカ。なんて思い込みがあるものですから。

この自動運転ロボット。イタリア・ロンバルディア州で運用されており、都市中心部を走っています。舗装状態は均一ではありませんが、ロボットは止まること無く、走り続けたと言うことです。

スポンサードリンク



続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...