News

孫社長、2年間戦略を練る!戦略の意味。

 

孫正義「なぜ私が創業2年間は一切営業活動をしなかったのか。
一生懸命働くのではなく、”一所懸命”に働け。」

 

ソフトバンクの孫正義氏は、ソフトバンクを福岡で起業した当初、営業活動など一切行わず、 朝の9時から夜中の2時まで事務所にこもり、様々な資料に目を通して、長期的な戦略を練っていたそうで、売上が会社に全く入ってこないことを心配したソフトバンク従業員は、会社が潰れるのではないかと不安になったそうです。

仕事、企業は戦争であり、生き死にをかけて日々
業務を行っている。本当の戦争ならば、仲間が全
滅し、自らも滅びる。負けないために、徹して、
戦略を組み立てないといけない。

続きを読む

たった一人の経営者の決断の価値。ユニクロクールビスに決別。

 kginza20154-15

  ユニクロの「決別」にクールビズの限界を見た

 

常に店頭でお客の様子を見ているアパレル最大手の社長が、他のどのアパレル企業の社長よりもいち早く気付き、勇気を持ってクールビズとの決別を実行

いつまでもクールビズじゃないだろう、本来ユニクロはカジュアル 生活の中
で魅力を与えるものだ。

自分たちの仕事は何か?と、原点 を見つめ直し、違うと感じれば、具体的に
切り捨てていく、経営者 の思考の大切さと、権限の重要性が、はっきりと分
かる記事です。

これほどの大企業になると、慣例で続けていることが、仕事の立ち 位置と違
っていても、慣性でで動き続けてしまいます。それが、 会社としての魅力を、
極端に削ってしまう。

だけど、働いている人たちは、肌感覚で分かっていても、止めること は出来
ないことがままあります。結局、取り返しが付かなくなって から、やっぱり
そう思っていたと、皆が口々に言う結果となります。

働いている従業員が悪いのか?一部の意見では個々の責任が希薄、 社長と同
じ意識で働けない無自覚等々、個々を指摘することがあります。

が、やはり、それは難しいことです。特に全体の空気を読み、 その中で仕事
を進める日本では。

その為にも、全権限を持ち、全責任を持つ、経営者が果敢に決断を 下さなけ
ればならない。そう、思います。リーダーとしても、価値 を働かせ、見えな
い状態から、空気の流れを掴み、新たな方向を指 し示す。

組織の発展には、そんなリーダーがやはり、必要なのでは。 この記事を読み
ながら、そんなことをぼんやりと思いました。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

日本の山林にオオカミを放つ話が出ているようです。自然か人命かなかなか難しい問題です。

 koze155-26

  今日 11:57 「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される? J-CASTニュース

 

日本では絶滅したといわれる「オオカミ」を海外から持ち込んで、増えすぎて農作物などへの被害が深刻な問題になっているシカやイノシシの駆除に役立てようと、日本オオカミ協会が訴えている。

オオカミを山林に放ち、増えすぎた鹿や、猪をを捕食してもらい、
本来の生態系に戻そうと、日本オオカミ協会が主張しているようです。

さすがに大ブーングのようで、子供が襲われたらどうするのか、との
声が上がっています。

なお、海外ではオオカミを持込、成功した事例もあるようで、あながち
荒唐無稽な話では無さそうです。

海外では、オオカミが絶滅したことでアメリカアカシカが増えすぎて生態系のダメージが深刻化した米国のイエローストーン国立公園が1995年から、カナダからオオカミを再導入して生態系を再構築。また、ドイツでも自然保護団体がポーランド国境を越えてくるオオカミの保護活動を積極的に進めている。

前に尾瀬で仕事をしている人に聞いたのですが、鹿や熊などの被害
はかなり深刻のようです。対策として、ハンターを雇うのですが、
高齢化で人が少なくなっているのと、24時間巡回することが出来ない
ので、対応が追いつかないと困っていました。

大げさではなく、日本の自然の存亡の危機らしいのです。

ただ、実際オオカミを放つ場合、人に被害が出ないように、地域や、
時間帯、地域住民や観光客への連絡等々、決めごとがたくさんありま
す。そして、人への被害を含めた責任問題を受け止め、決断するリー
ダーシップを持った人が必要となります。

このことを考えると、日本では難しいのではと思います。

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

赤ちゃんの泣き声だけじゃなく、上司の小言も消せる!かも。環境音を自由に消せる耳栓。

  Here

  赤ん坊の泣き声だけ消せる―Doppler Labsから環境音を自由に
操作できる耳栓がKickstarterに登場

 

Doppler Labsは環境音を自由に操作できるデバイス、Here Active Listening Systemを発表した。このデバイスは1組の耳栓タイプのガジェットで、スマートフォン・アプリを通じて環境音を完璧にコントロールできる。

この製品、赤ちゃんの泣き声だけ、消せるのじゃなく、アプリを
使って環境音を“完璧”にコントロールできるものらしいです。

赤ん坊の泣き声や地下鉄の騒音を聞きたくなければ(他の音を消さずに)、その音の音量を下げることができる。逆にコンサートに行ったとき、後に席にいて「低音の迫力がない」と感じたときには低音だけ増強することもできる。

ノイズキャンセルが一般的になって来ましたが、その先を行く
製品です。感動したのは、“その音”だけ消せること。隣の席の
同僚の気になる咳や、上司の小言なんかも消せるかもしれません。

快適な仕事環境を作るために最高の製品かもしれません。
でも、小言を言っても反応がないので、上司からぶん殴られる
かもしれませんので、お気を付けて。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

Googleが非営利団体支援事業をアジアでも展開 本気で青臭いGoogleのおもしろさ。

 

GoogleforNonprofits 

  Googleが非営利団体支援事業をアジアでも展開へ

Googleがその、非営利団体のための一連のサービスを初めてアジアに持ち込み、同社が選んだ地域の団体がそのサービスを利用して、自分たちの活動への認知度の向上努力や新しい寄付者の募集運動を、インターネットからできるようになった。

Googleが展開する「Google For NonProfits」。非営利団体が
活動を紹介したり、寄付者を募集したりするサービスとの、ことら
しいのですが、Googleらしいというか、彼らの培った広報能力を
世のため人の為に使おうとするとは、小憎い。

Apple好きのこの私、日頃はiPhoneの敵と目の敵にしていますが、
この辺の博愛主義は、やっぱりGoogleらしいなあと、感心します。

今回、アジアの国々にこのサービスを展開すると伝えています。
アジアこそこのサービスが生きるかもしれません。発展著しい
ですけど、まだまだ貧困も多い、そして、深刻な格差。

その中で、志を持ってがんばっている非営利団体が多いのではない
かと思います。

サービスが開始される国々は、香港とインドと、インドネシア、
マカオ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、
そしてベトナムの団体が利用できます。

Googleが申し込みを受け入れた団体には、AdWordsの広告枠が無料で提供され、YouTubeでは特別ブランドとして優遇され、そしてGmail、Calendar、DocsなどGoogle Apps生産性アプリケーションのカスタムバージョンを使用できる。

また企業ユーザはGoogle Earth ProとMaps APIのライセンス が無料になり、団体はGoogleの資金調達プラットホームOne Tod ayを資金集めのために利用できる。

まさに至れり尽くせりのサービスです。

このサービスを展開したことについてGoogleは以下のコメントを
伝えています。相変わらず大げさな物言いですが、こんなことを
言い、本当にやってしまうGoogleはやっぱり、おもろい企業です。

“アジアの諸団体との継続的パートナーシップの開始を、これ以上先延ばしすることはできない。非営利団体がこれらのツールを使って新しい寄付者やボランティアを見つけ、活動の効率を上げ、支援者たちのアクションを誘導できることを、期待したい”

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「葉っぱビジネス」新陳代謝の必要性

 

https://farm9.staticflickr.com/8767/16965756249_7cbf48dc3f.jpg

  「葉っぱビジネス」専用の山 整備へ

 

日本料理を彩る「つまもの」に使う葉っぱの出荷量全国一を誇る徳島県上勝町は、生産量の拡大と、「葉っぱビジネス」の担い手の育成に力を入れるため、需要が高い葉っぱの木を計画的に栽培する専用の山を整備していくことになりました。

どこにでもある「葉っぱ」を元に事業を興し、今や知る人
ぞ知る存在になった、徳島県上勝町葉っぱビジネス。

順調そうに見えていたこのビジネスにも、日本らしい問題
が見受けられます。

去年からは、世界的な和食ブームを追い風に輸出にも乗り出し、海外市場の開拓を図っていますが、生産農家の高齢化が進み担い手の育成が課題になっています。

対策として、町内の山に、需要が高いモミジや桜などの樹木
を植え計画生産をし、新しい人が仕事を体験出来る場にもす
ると伝えています。

上勝町の花本靖町長は「上勝町は、大きな柱となっている葉っぱビジネスの後継者育成や観光面の強化が必要だ。まずはことし、地権者をはじめ住民の方に理解を深めてもらい、この事業を推進したい」と話しています。

花本町長は以上の様に語り、葉っぱビジネスを強化して行く
とのことです。

ほぼ日新聞でも取り上げられた、徳島のおばあちゃんがやっ
ている葉っぱビジネス。日本だけでなく、日本食ブームで
海外にも販路のチャンスが出てきました。どこでもあるもの
が、必要としている場所に持っていくと、大きな利益を生む。
これぞ、「顧客の創造」と言えるでしょう。

でも、順調そうでも、常にメンテナンスをしないと、下降し
行きます。

今回、高齢化の波はそんな順調なビジネスにも押し寄せて、
新陳代謝への対応が急務のようです。この試みが成功し、
より発展して欲しいと願っています。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

今いくよさんのご冥福をお祈りいたします。テンポの良い関西漫才を思い出します。

 

  今日 8:17 今いくよさん死去 漫才コンビ「今いくよ・くるよ」のツッコミ担当 安藤健二 Japan ニュース

 

漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよ(いま・いくよ、本名里谷正子=さとや・まさこ)さんが5月28日、胃がんのため大阪府内の病院で死去した。67歳。NHKニュースなどが報じた。

実に残念です。今いくよ・くるよ」の今いくよがお亡くなりに
なりました。ご病気でのことで、病名は胃がんでした。

 大阪で住んでいたときは、しょっちゅうテレビに出ていて、
さんざんわらかしてもらいました。関西らしいテンポの良い
漫才だったことを覚えています。

  それにしても、最近がんでなくなられる方が最近多い気がしま
す。私も気にしなくてはいけない年齢になりました。せめて健康
診断ぐらいはちゃんと受けなくてはと思います。

今いくよさんのご冥福をお祈りいたします。天国でもわらかし
ているのでしょうか。きっとそうでしょう。

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

あこがれの高層マンションが“恐怖のマンション”に。ネパール地震の後。

kginza20154-3 

  一昨日 18:13 崩壊寸前、あこがれのマンションが恐怖のマンションに ariga masahiro 旅するフォトグラファー 有賀正博

11階建ての設計図で建築許可を取得したのに、業者が勝手に造築して17階建てにしてしまった。無謀な増築の結果がこれだ。

ネパール大地震の後、あこがれの高層マンションが、“恐怖のマンション“
になってしまったと伝えています。

1階建で申請していたのを、業者が勝手に17階にしてしまったのが原因です。
その結果、地震後、倒壊の寸前の状態になってしました。

失礼ながらよく聞く話です。 
結局、災害で一番怖いのは人災かもしれません。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

「すなば珈琲」善戦するか!?

 

  昨日 19:30 スタバの鳥取進出で、すなば珈琲「大ピンチキャンペーン」チラシで訴える 伊藤大地 Japan – The Huffington Post

 

Screenshot 

県内初のスターバックスコーヒーがオープンする。だが、すなば珈琲は
黙ってはいなかった。スターバックスのオープン日に合わせて「大ピン
チキャンペーン」と銘打ち、キャンペーンを展開する。

ジョークのようですが、本当に「すなば珈琲」って
あるんですね。

砂丘の鳥取だから出来た「すなば珈琲」スタバに善戦
するやいなか。あんまり、関係無いのですが、おもし
ろくて書いてしまいました。

まあ、がんばって欲しいものです。 

 

 

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

ドローンをがドロンと消える方法は無いか。ドローン飛行区域追加

 https://farm8.staticflickr.com/7663/17152151525_29a30b07d5.jpg

  今日 18:17 「DJI japan」ドローンの飛行禁止区域に「総理官邸」と「皇居周辺」を追加 kogure [N]ネタフル

  

「DJI japan」社製のドローンに、飛行禁止区域として「総理官邸」と
「皇居周辺」が追加されました。DJI japan、同社ドローンの飛行禁止
区域に「総理官邸」と「皇居周辺」を追加という記事になっていました。

内蔵しているGPSで位置を判断し、「総理官邸」と「皇居周辺」
を飛行禁止にできるとは、驚きました。

ドローンがとても身近になって来て、手軽に手に入れることが出
来るようになりました。今回の事件もいつかは起きる問題です。

重要拠点上空に侵入してきても、日本では(世界でも)鉄砲で撃ち落
とす事が出来ないし、対策に頭を痛めているに違いない。

一応、GPS登録して飛行禁止に出来るようですが、解除されたら
元も子もありません。ドローンの登録管理や、飛行を監視するなど、
なんらかの方法が必要でしょう。 

 https://farm8.staticflickr.com/7627/16964357588_b535745ff8.jpg

 

 

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!