News

風呂敷のように足を包む、全てにやさしい靴。「Furoshiki Shoes」

 

  今日 0:11 4052-150603 Furoshikiシューズ到来
塩澤一洋 shiology

Screenshot  

イタリアのVibram(ビブラム)社から全く新しい「Furoshikiシューズ」がリリースされました。

Apple系の記事をたくさん書いている塩澤一洋氏
が、とても面白い靴を紹介していました。

紐を使わず、風呂敷のように足を包み込んで
固定する、常識外れの靴です。その名も、
Furoshiki Shoes」。

続きを読む

超天才の少年が語る。「考え」ることの価値と重要性。

 

  アインシュタイン以上のIQを持つ、自閉症の少年のスピーチ。
「大切なのは学びじゃない」

Screenshot 

学ぶことだけに集中して、「あること」をやめてしまっていませんか? 13歳のジェイコブ・バーネットくんは、アインシュタイン以上のIQを持つ少年です。そして、彼には自閉症と戦っているという側面もあります。そんな彼が、過去の天才たちが「学ぶこと」よりも重視していた「考えること」の必要性について、Ted Conferenceで語りました。

高いIQを持ちながらも、自閉症のため多くの偏見を受け、
彼は学ぶ機会を奪われました。その中、学ぶ以上に、考え
ることの重要性を身につけたと、このスピーチで伝えています。

続きを読む

世界に向けて大発射!BABYMETAL、英国アワードで日本人初受賞。

 

Bebymtop

  BABYMETAL、英国音楽誌「KERRANG!」アワードで日本人初受賞
 

BABYMETALが昨日6月11日(現地時間)にイギリス・ロンドンのTroxyで開催された音楽誌「KERRANG!」主催のアワード「KERRANG! AWARDS 2015」にて”THE SPIRIT OF INDEPENDENCE AWARD”を受賞した。

日本だけでなく、世界中で大人気のBABYMETALが、イギリスの
音楽雑誌主催のアワードで、日本人初の賞を受賞したとです。

続きを読む

初めての「続きを読む」なにごともコツコツと。

https://farm9.staticflickr.com/8816/17287871091_09413b92ff.jpg

  moreタグを入れてみた。

WordPessの「続きを読む」は、moreタグで。

ずっと、全表示の状態でブログを書いていたが、 ほかのブログを見ると、記事の冒頭だけ表示され、 それ以降は「続きを—」なんて有ります。

これはいったいどうすればいいのだろうか?と ずっと思っていたのですが、実に簡単なことでした。

区切りたいところで「more」タグを入れればいい ようです。

さっそく試してみました。

 

続きを読む

BYODへ切り替え、ワークスタイル革命「ネットワンシステムズ」

 

 
全社員2300名が私物PCで業務、ネットワンが自らBYOD実証実験

 

Netone

ネットワンシステムズは5月29日、“ワークスタイル変革”を加速するための実証実験として、全社員約2300名が業務で利用するPCを会社貸与からBYOD(私物デバイスの業務利用)へと切り替えることを発表した。

BYOD(私物デバイスの業務利用)が注目されています。 会社としては、
PCコスト抑制、管理業務の削減がかない、 個人的にはMacなど、好きな
PCを使えます。

 

続きを読む

孫社長、2年間戦略を練る!戦略の意味。

 

孫正義「なぜ私が創業2年間は一切営業活動をしなかったのか。
一生懸命働くのではなく、”一所懸命”に働け。」

 

ソフトバンクの孫正義氏は、ソフトバンクを福岡で起業した当初、営業活動など一切行わず、 朝の9時から夜中の2時まで事務所にこもり、様々な資料に目を通して、長期的な戦略を練っていたそうで、売上が会社に全く入ってこないことを心配したソフトバンク従業員は、会社が潰れるのではないかと不安になったそうです。

仕事、企業は戦争であり、生き死にをかけて日々
業務を行っている。本当の戦争ならば、仲間が全
滅し、自らも滅びる。負けないために、徹して、
戦略を組み立てないといけない。

続きを読む

たった一人の経営者の決断の価値。ユニクロクールビスに決別。

 kginza20154-15

  ユニクロの「決別」にクールビズの限界を見た

 

常に店頭でお客の様子を見ているアパレル最大手の社長が、他のどのアパレル企業の社長よりもいち早く気付き、勇気を持ってクールビズとの決別を実行

いつまでもクールビズじゃないだろう、本来ユニクロはカジュアル 生活の中
で魅力を与えるものだ。

自分たちの仕事は何か?と、原点 を見つめ直し、違うと感じれば、具体的に
切り捨てていく、経営者 の思考の大切さと、権限の重要性が、はっきりと分
かる記事です。

これほどの大企業になると、慣例で続けていることが、仕事の立ち 位置と違
っていても、慣性でで動き続けてしまいます。それが、 会社としての魅力を、
極端に削ってしまう。

だけど、働いている人たちは、肌感覚で分かっていても、止めること は出来
ないことがままあります。結局、取り返しが付かなくなって から、やっぱり
そう思っていたと、皆が口々に言う結果となります。

働いている従業員が悪いのか?一部の意見では個々の責任が希薄、 社長と同
じ意識で働けない無自覚等々、個々を指摘することがあります。

が、やはり、それは難しいことです。特に全体の空気を読み、 その中で仕事
を進める日本では。

その為にも、全権限を持ち、全責任を持つ、経営者が果敢に決断を 下さなけ
ればならない。そう、思います。リーダーとしても、価値 を働かせ、見えな
い状態から、空気の流れを掴み、新たな方向を指 し示す。

組織の発展には、そんなリーダーがやはり、必要なのでは。 この記事を読み
ながら、そんなことをぼんやりと思いました。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

日本の山林にオオカミを放つ話が出ているようです。自然か人命かなかなか難しい問題です。

 koze155-26

  今日 11:57 「オオカミ輸入してシカを駆除」論に注目 生態系を守る?子供が食い殺される? J-CASTニュース

 

日本では絶滅したといわれる「オオカミ」を海外から持ち込んで、増えすぎて農作物などへの被害が深刻な問題になっているシカやイノシシの駆除に役立てようと、日本オオカミ協会が訴えている。

オオカミを山林に放ち、増えすぎた鹿や、猪をを捕食してもらい、
本来の生態系に戻そうと、日本オオカミ協会が主張しているようです。

さすがに大ブーングのようで、子供が襲われたらどうするのか、との
声が上がっています。

なお、海外ではオオカミを持込、成功した事例もあるようで、あながち
荒唐無稽な話では無さそうです。

海外では、オオカミが絶滅したことでアメリカアカシカが増えすぎて生態系のダメージが深刻化した米国のイエローストーン国立公園が1995年から、カナダからオオカミを再導入して生態系を再構築。また、ドイツでも自然保護団体がポーランド国境を越えてくるオオカミの保護活動を積極的に進めている。

前に尾瀬で仕事をしている人に聞いたのですが、鹿や熊などの被害
はかなり深刻のようです。対策として、ハンターを雇うのですが、
高齢化で人が少なくなっているのと、24時間巡回することが出来ない
ので、対応が追いつかないと困っていました。

大げさではなく、日本の自然の存亡の危機らしいのです。

ただ、実際オオカミを放つ場合、人に被害が出ないように、地域や、
時間帯、地域住民や観光客への連絡等々、決めごとがたくさんありま
す。そして、人への被害を含めた責任問題を受け止め、決断するリー
ダーシップを持った人が必要となります。

このことを考えると、日本では難しいのではと思います。

 

 

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!

赤ちゃんの泣き声だけじゃなく、上司の小言も消せる!かも。環境音を自由に消せる耳栓。

  Here

  赤ん坊の泣き声だけ消せる―Doppler Labsから環境音を自由に
操作できる耳栓がKickstarterに登場

 

Doppler Labsは環境音を自由に操作できるデバイス、Here Active Listening Systemを発表した。このデバイスは1組の耳栓タイプのガジェットで、スマートフォン・アプリを通じて環境音を完璧にコントロールできる。

この製品、赤ちゃんの泣き声だけ、消せるのじゃなく、アプリを
使って環境音を“完璧”にコントロールできるものらしいです。

赤ん坊の泣き声や地下鉄の騒音を聞きたくなければ(他の音を消さずに)、その音の音量を下げることができる。逆にコンサートに行ったとき、後に席にいて「低音の迫力がない」と感じたときには低音だけ増強することもできる。

ノイズキャンセルが一般的になって来ましたが、その先を行く
製品です。感動したのは、“その音”だけ消せること。隣の席の
同僚の気になる咳や、上司の小言なんかも消せるかもしれません。

快適な仕事環境を作るために最高の製品かもしれません。
でも、小言を言っても反応がないので、上司からぶん殴られる
かもしれませんので、お気を付けて。

 




 

 

★人気ブログランキングに登録してます。 クリックご協力願います。

人気ブログランキングへ←クリック!