CP+が終わったけど、Nikonの話題はなかったなあ。少し寂しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

CP+が終わって

CP+も終わってしまって、今年も行くことができませんでした。来年は必ず行く!とは言えないのが辛い状態ですが、なんとか、来年ぐらいは行ってみたいと思っています。

CP+のことが気になって、youtubeで確認していますが、どの動画もNikonの話題は全く出ていません。SONYやPanasonic、それと富士フィルムの事ばかりです。

ユーチューバーが配信しているので、どうしても動画性能が高いカメラを紹介している傾向が強いのですが、Canonの新しく出たミラーレスEOS Kiss Mを強く押している方もいたので、動画性能だけではなく、写真性能も注目されているのは間違いありません。

話題に上らないNikon

Nikonが技術的に停滞しているわけではないはずです。D850は超名機なのは間違いありません。

名実ともに未来を実感させるカメラを最近全く出していないことが、話題のなさの原因です。今は、好調なNikonの一眼レフですが、これからの方向が他人事ながら心配になります。

このままNikonは大型の一眼レフを行くところまで、推し進めて行くのでしょうか。そんな気がします。

噂では、高級高性能のミラーレス機を開発して、準備しているとの話も出ています。是非ともNikonには、他の追随を許さないほどの、性能とデザインを持ったミラーレス機を出して欲しいのです。

ただ、とにかく出すタイミングが遅すぎる感があります。他を見ながらそのままあれよあれよと時ばかりがたって、誰もが忘れた時に出すことが多い。Nikonがミラーレス機を出すのなら、今年中には出さないと時を失ってしまうでしょう。

出すならNikonF3

個人的には、オリンパスが銀塩カメラのOM-Dそのままのデザインでミラーレス機を出したように、往年の名機F3をそのまま復刻したミラーレス機を出してくれないかと思っています。

もちろんそのままの大きさではなくて、二回りほど小さくし、それでいて中身がぎっしり詰まっているようなしっかりとした作り込み。素子は最低APS-Cの大きさ。できれば、小さいながらフルサイズの素子なんか搭載していたら最高です。

Nikonのミラーレス機と言えば、大好きだった1V1 がありましたが、いいカメラだったのに、1インチ素子で画質が物足りませんでした。絶対、Nikonにはそんな迷走はやめていただいて、今度こそ歴史を変えるような、ミラーレス機を出して欲しい。

Nikonが全ての人の記憶から消えないうちに。

↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*