とうとう出した!ニコンがてんこ盛りAPS-Cカメラ「D7500」でも、あれとかぶさってない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る






 

D500top

↑この記事のネタ元です。


株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売します。

ニコンハイスペック一眼発売

今使っているD7000の画質が今ひとつ満足いかないので、もうそろそろD7100かD7200を買おうかなと考えていたら、ニコンからD7200の後継機種、D7500が発売されるとの発表がありました。

スポンサードリンク



APS-Cフォーマットの最高機種D500の性能を引き継いで、画像処理エンジン「EXPEED 5」と2088万画素CMOSセンサーを搭載し、最高約8コマ/秒で50コマ高速連写を実現。とても成熟したカメラです。

ニコンファンや、興味を持っているカメラ好きには、とても魅力的な機種になりました。

重なる二人

ただ、D500とのすみ分けはどうだろうかなんて考えてしまいます。同じ、APS-Cのテリトリで似た性能のカメラが二つ出てしまうことになるので、いくらD500はプロが使うもんだと言っても、すみ分けは難しいのではと、思うんです。

プロやハイアマチュアにはD500一択にして、伝統的な一眼レフの性能やら品質はそちらで継承し、今まで通り開発し、それとは別にこれこそ本格的なミラーレス機を出すってのも、スッキリしていいのではないかなと思います。

不器用なんで

なんだか、不器用な経営だなというのが正直な感想ですが、頑固なニコンは行き着く果てまで、今まで通り一眼レフカメラを突き詰めていくのでしょう。それはそれで、孤高の武人みたいでかっこいい。なんて。

ただ、オリンパスみたいに、昔の栄光をそのままミラーレスにしてしまうなんてのもありなので、もう少し行く末を考えて、柔軟にやってみてもと老婆心ながら思います。

なんたって、世界を変えたほどの名機がニコンにはたくさんあります。F3のデザインは今でも十分通用するほどの美しさ。そこで、それを基本にミラーレスとしてデザインし直し、開発するなんてのもいいはず。

前へ前へ

最近、明るい話題のないニコンですが、古い体制に足を引っ張られ没落している大手日本企業を反面教師として、華麗な方向転換をして欲しい。そう願っています。

ただ、こんな皮肉を書きながら、今のところ買い換えるのはニコンカメラしか考えていないんです。本当に、僕自身も変化ができない人間だなって、しみじみ実感しています。それに、この間ニコン用のシグマのレンズを買ってしまったから、他に浮気もしづらいんですよね。お金もないからそう買い換えられないし、もう、ニコン一択で突き進むしかないんです。

どうぞニコンさん。このまま沈没せずに前へ前へ進んでください。お願いします。それにしても、今日見つけたD7200の中古買っちゃおうかな。

思い切った性能てんこ盛りの鼻息荒いカメラD7500。ほんとすごそう。

性能も申し分ないし、価格もこなれてきたD7200が現実的な選択かな。









↓人気ブログランキングに登録しています。記事がよかったらクリックをお願いいたします。


人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*